FOLLOW US

浦和・堀監督「最高の結果ではないが最低限の結果」/J1第32節

 J1第32節が19日に各地で行われ、残留を目指す浦和は仙台と対戦し、スコアレスドローに終わった。勝ち点1を積み上げる形となった浦和の堀孝史監督は、試合後、以下のようにコメントしている。

「前半から意図していた狙いを後半も続けていこう、と話しましたが、雨の影響でボールが止まってしまいました。ただ、最高の結果ではないですけれど、選手達が走ってくれたおかげで、最低限の結果をつかめたんじゃないか、と考えています」

「仙台さんは守備意識が高いので、悪いボールの失い方だけは極力避けたかったです。その分、バックパスや横パスが増えてしまったかな、とは感じますが、 ゲームをコントロールはできたのではないかと思います。背後に入るシーンは少なかったですが、攻撃の形は示せたのではないか、と思います」

「鈴木啓太の両脇のスペースを使ってくる相手に対しては、選手達が各自判断してくれてポジショニングしてくれた。先ほども言いましたが、悪い失い方をしたくないという下で、ドリブルが持ち味の選手を他の人間がどう活かすか?というところでフリーランニングをしていました。そのランニングをまた活かすことで、いいドリブルの形になったかと思います」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO