FOLLOW US

名古屋・闘莉王「俺たちはどんな時でも動揺しない」/J1第32節

 J1第32節が19日、各地で行われ、優勝争いを繰り広げる名古屋は敵地で横浜FMと対戦した。名古屋は小川佳純の得点で先制。一時は同点に追い付かれてしまうが、83分にはケネディが値千金の決勝弾をマークし、2-1で横浜FMに競り勝っている。

 試合後、名古屋の選手たちは以下のように語った。

田中マルクス闘莉王
「失点がなかったら、逆に2点目は奪えなかったかもしれない。最後に点を取られて引き分けということも考えられた。今日はあれだけチャンスがあってもなかなか点が入らなかった。ショートカウンターもハマっていた。でも失点したことで、さらにエンジンがかかった」

「やっぱり最後はジョシュア(ケネディ)が決めてくれた。踏ん張るところで踏ん張ったから、この結果がある。ダニルソンも直志(中村)も久々の試合だった から、動きが重たいということも予想していた。でも最後までみんな落ち着いて戦っていた。俺たちは、今はどんな時でも動揺しない」

増川隆洋
「大事な試合だったので、みんな気合が入っていた。ただ自分がアシストできるとは思っていなかった(笑)。でもああいうプレーで勝つという気持ちを表せたのはよかった。得点シーンはボールがファーサイドに来たので、イメージ通りの折り返すことができた。中にはジョシュア(ケネディ)だけでなく、トゥ(闘莉 王)もダニ(ダニルソン)も詰めていた。僕らの高さはうちの武器なので、力を発揮できてよかった」

[写真]=清原茂樹


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO