FOLLOW US

G大阪・遠藤「重圧に潰されていたら優勝できない」/J1第32節

 J1第32節が19日、各地で行われ、優勝争いを繰り広げるG大阪は新潟と対戦した。勝ち点3を積み重ねたいG大阪だったが、2失点。執念で2点を返したが、結局、2-2の引き分けに終わっている。

 試合後、G大阪の司令塔・遠藤保仁は以下のように語った。

「狙っていた勝ち点3を取れなかったのは残念だけど、90分間ファイトした。時間もあったし、諦めずにやれた。最後の気持ちの入ったプレーは評価していい。コンディションは特に悪いとは思わなかったし、僕自身も普通だった。僕らとしては、残り2試合で勝ち点6を取って、状況がどうなるかわからないけど、 自分たちの力を出していくだけ。自分たちの力を出したい」

「(FKは)足の状態が悪くなかったし、蹴っていくだけ。よく追い付いたとも言われるけど、勝ち点1は勝ち点1。1しか取れなかった。勝ち点3を取りたかった。運動量は間違いなく増やさなきゃいけない。パスの出し入れが大事。前半からもっとボールの出し入れをして、緩急をつけてやれれば良かった。相手の圧力を受けても、最終ラインを使って回せばいいし、無理だったら蹴ればいい。ただ全体的に見れば、自分たちのサッカーができなかった」

「(プレッシャーもあった?)どの試合でも同じようにやれば、自分たちの力は出せる。そういうものに潰されていたら、優勝なんかできない。1試合で感情に流されず、次の試合も同じようにやればいい」

[写真]=嶋田健一


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO