2011.11.18

代表戦出場なしに終わった安田「まだそのレベルではないということ」

 オランダのフィテッセに所属する日本代表DF安田理大は、2014ワールドカップ(W杯)アジア3次予選のタジキスタン戦、北朝鮮戦を終え、17日、オランダに戻った。自身の公式ブログで、日本代表での経験を振り返っている。

 安田は、インテルのDF長友佑都が負傷により代表を辞退したことにより追加招集を受け、約5カ月ぶりに代表メンバー入りを果たした。今回2試合ともに出場機会はなかったが、代表の一員として戦ったことに大きな収穫があったようだ。

「個人的にはめっちゃいい経験ができたと思ってる。それはタジキスタン、北朝鮮という今ままでに経験したことがない様なアウェイを経験できた事。日本代表の他の選手のレベル、他の選手と比べて自分のレベルを知れたこと。ザッケローニ監督とまた一緒にできたこと。その他にもいっぱい」

 様々な刺激を受けたことを明らかにした一方で、出場機会を得られなかったことへの悔しさもつづっている。

「ただ、俺は参加した事に意味があったとは思ってない。追加招集で参加しただけならいつまで経っても代表定着はできへんと思ってる。そういう意味では、試合に出れんかった俺は監督の中ではまだそのレベルじゃないって事」

「今はもっと上手くなりたい、もっと試合に出たいっていう気持ちがめっちゃ高ぶってる。もちろん常にその気持ちはあるけど特にね。そうなったらチームで試合に出て、活躍して、また代表に行く他ない。代表がサッカーの全てではないけど、代表ってのは特別なもんやから」

 0-1で敗れた北朝鮮戦に関しても、安田らしく、「北朝鮮戦に勝てへんかったんホンマ残念やわ。でもめっちゃ調子乗ったこと言っていい? 先に謝っとく、ごめんなさい。北朝鮮戦、俺出てたら勝ってたって本気で思ってる」と冗談交じりに語っている。

 今後、日本代表に定着することを目指し、「一試合一試合、このオランダで、爪痕残します」とつづる安田。現地20日にホームでフェイエノールトを迎え撃つ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
31pt
鹿児島
29pt
沼津
28pt
Jリーグ順位をもっと見る