2011.11.17

仏誌が日本の敗戦を報道「無敗記録ストップも、痛みを伴わない敗北」

 15日にブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選が行われ、日本はアウェーで北朝鮮と対戦し、0-1で敗北。アルベルト・ザッケローニ監督が同代表監督に就任してから17戦目で初の黒星となった。

 フランス誌『SO FOOT』は、「ザッケローニが初の敗戦を喫した」とザッケローニ監督の日本代表監督としての無敗記録が途絶えたことを報道。しかし、日本が最終予選進出を既に決めていたことから、この敗戦を「痛みを伴わない敗北」と表現している。

 また、同誌は日本国歌が流れていたとき、北朝鮮の観客たちがブーイングをし、日本代表選手たちに罵声を浴びせていたことも伝えている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る