2011.11.16

日本の敗戦、韓国紙は「香川なき1.5軍で初黒星」と報道

 日本代表は15日、ブラジル・ワールドカップのアジア3次予選で北朝鮮と対戦。失点を最後まで挽回できず、0-1で敗れてアルベルト・ザッケローニ体制での初黒星を喫した。

 日本の敗戦について、『中央日報』は、「ドルトムントの香川真司を欠いた1.5軍の日本は、後半から波状攻撃を繰り出したが北朝鮮を崩せず。3次予選初黒星」と報道。また、在日4世として産まれ、年代別韓国代表暦のある日本代表の李忠成にフォーカスし、満足な出場時間が与えられず、同じく在日選手であるチョン・テセとの対戦が実現しなかったことを残念がった。

 なお、一方で韓国がレバノンに敗れた件については、「このような試合が続けばオーストラリアや日本、イランなどの強豪国がそろう最終予選を勝ち抜くことは難しい」と、既に最終予選を見据えた報道をするにとどまった。

 とはいえ、最終戦でグループ3位のクウェートと対戦する韓国は、ここで敗れて、レバノンが予選5連敗中のUAE(アラブ首長国連邦)から勝ち点を奪えば、グループ3位が決定。最終予選を前にして、3次予選で姿を消す可能性が残されている。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る