2011.11.15

韓国メディアが注目「日本が22年ぶりに平壌で北朝鮮と対戦」

 15日に行われるブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選で、北朝鮮と対戦する日本。日本が北朝鮮の平壌で試合をするのは、1989年のイタリア・ワールドカップ予選以来、実に22年ぶりとなる。

 これには、韓国メディアも大きな興味を示している。韓国紙『朝鮮日報』は、「日本、北朝鮮と22年ぶりに平壌で対戦」との見出しで、日本のアウェー戦を報道。2006年に北朝鮮が長距離ミサイルを発射したのを機に日朝関係が冷え込み、一般国民の訪朝が禁止されていることや、日本が既に最終予選進出を決めた一方で、北朝鮮は3次予選敗退が決定していることを伝えている。

 また、同紙は「北朝鮮は今回のW杯予選のために日本代表の入国を許可したが、さまざまな規制を敷いて日本のサッカー関係者を困惑させている」とし、日本からの取材陣は10人、サポーターも150人までに制限したことや、携帯電話、パソコンなどの持ち込みも禁止したことを紹介している。

 韓国紙『中央日報』は、日本代表FW李忠成の「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を踏めるのは光栄」といったコメントや、北朝鮮代表FWチョン・テセの「絶対にホームでは負けられない」といった言葉を掲載している。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る