2011.11.12

FIFAが得点を重ねる岡崎を称賛「日本に不可欠な存在となった」

 11日に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選で、タジキスタンに4-0で快勝した日本。岡崎慎司は2ゴールを挙げて勝利に貢献した。

 荒れたピッチにチームが苦しむ中、岡崎は61分にヘディングシュートでゴールを決めると、後半ロスタイムには右足で確実にゴールを奪取。これで、代表通算26ゴールとなり、横浜FMの監督を務める木村和司氏と並び、歴代5位タイとなった。

 FIFA(国際サッカー連盟)は、今予選で既に5ゴールをマークしている岡崎を称賛。「2010年南アフリカ・ワールドカップではスーパーサブ的な存在に過ぎなかったが、その後は日本代表にとって不可欠な存在として、自らの地位を確立させている」と評価している。

 自らの公式ブログ上で、「俺はこれからもっと点を重ねます。日本の点取り屋は俺なんで」とストライカーとしての決意を語っていた岡崎。日本の点取り屋として、頼りになる存在へと成長を続けている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
湘南
3pt
横浜FM
3pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る