2011.11.11

歴代5位に並んだ岡崎「反省もあるが勝ててよかった」/タジク戦

 日本代表は11日、ブラジル・ワールドカップへの出場を懸けてアジア3次予選でタジキスタンと対戦し、岡崎慎司らの得点により4-0で快勝した。2得点で代表通算26ゴールとし、木村和司氏に並ぶ歴代5位となった岡崎は、チームメートたちの働きが得点に直結したと語っている。

「前半で何度もチャンスがあった。自分たちの時間帯でコンちゃん(今野泰幸)が決めてくれたのが良かった。1点目は(香川)真司がいいパスをくれた。決めるだけだった」

「アウエーで4-0で勝てたのは大きい。何度も細かくつないでゴールに迫ったのは良かったと思う。反省することもあるけど、勝てたことは良かった」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る