2011.11.11

タジク戦で2ゴールの岡崎、代表通算26得点で歴代5位に

 日本代表は11日、ブラジル・ワールドカップへの出場を懸けてアジア3次予選でタジキスタンと対戦し、岡崎慎司らの得点により4-0で快勝した。

 先発出場した岡崎は、貴重な追加点をマーク。また、ロスタイムにダメ押しゴールも決めた岡崎は、代表通算得点数を26に伸ばした。26ゴールは、木村和司氏(現横浜FM監督)と並び、歴代5位。

 なお、1位は釜本邦茂氏の75得点。以下、2位が三浦知良(現横浜FC)の55得点、3位が原博実氏の37得点、4位が高木琢也氏の27得点と続いている。

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
湘南
3pt
横浜FM
3pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る