2011.11.11

2得点の岡崎「真司とキヨのボールでほぼ決まっていた」/タジク戦

 11日にブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選の第4戦が行われ、日本はアウェーでタジキスタンと対戦し、4-0で勝利を収めた。

 以下、2得点を挙げた岡崎慎司のコメント。

「決めるだけのボールだったので。(香川)真司とキヨ(清武弘嗣)のボールが本当に、ほぼあれで決まっていたと思うし。何度もチャンスがあったので決められてよかったです」

「まず勝つって言うのが一番のテーマで、それ以外はやっぱり、こういうグラウンドでも自分達のサッカーを貫き通すって言う形で。中盤あたりからマンネリ化していたのはあると思うけど、それでもパスを繋いで、ゴールに迫れたと思うんで、勝って本当によかったと思います」

「相手の気迫というか、食らい付いてくるっていうのはやっぱり違うし、シュートもどんどん撃たれたと思うんで。やっぱりアウェーはどういう相手でも厳しいなと思いました」

「(残りの予選の戦い方は)やっぱり大事にしていきたいし、チームも完成していないんで、もっといいチームになるように頑張りたいです」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る