2011.11.11

長谷部「90分間続けて得点できて次に繋がる試合に」/タジク戦

 日本代表は11日、ブラジル・ワールドカップへの出場を懸けてアジア3次予選でタジキスタンと対戦し、岡崎慎司らの得点により4-0で快勝した。

 主将としてチームを率いた長谷部誠は試合後、以下のように語っている。

「立ち上がりちょっと危ないシーンが何回かあったので、あそこで取られていたら、苦しいゲームになったかなと思うんですけど。ああいうところを集中していかないとこれから最終予選行ったときに難しい戦いになってくるのかなと思います」

「実際危ないシーンがあったので、そういうところはしっかりケアして。ただ、自分達のリズムでボール繋いで、回してプレーしていればね、チャンスは作れていたので、そのうち点は入るかなと思っていました」

「(ピッチの影響は)なかったと言えば嘘になりますけど。それは相手も条件は一緒なので、言い訳にはなんないですね」

「1-0で終わらず2点、3点、4点。結局4-0ということでね。90分間続けてゴールを狙えたというところはよかったと思いますけど。次に繋がる勝利だと思います」

「アウェーで苦しい戦いが続きますけど日本の皆さんが応援してくれるというそういうものが僕たちのパワーになっているので、これからももっともっと応援して欲しいなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る