2011.11.11

ザッケローニ監督「日本が2試合で12点を決めただけでアウェーは難しい」/タジク戦

 11日にブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選の第4戦が行われ、日本はアウェーでタジキスタンと対戦し、4-0で勝利を収めた。

 以下、アルベルト・ザッケローニ監督のコメント。

「今日の試合は、我々にとってはやはり結果が非常に大切で、ウズベキスタンとの最終戦を前に、予選突破をしたいと考えていますので、その中で大切な勝利になりました」

「我々のチームの特徴としては、少ないチャンスで勝利を決めるというよりも、たくさんチャンスを作る中で得点をして、勝っていくというスタイルを持っているのでその一環に過ぎないと思います」

「中東であったり、中央アジアの選手達はフィジカルが非常に強いですし、今日の場合で言うと、ピッチコンディションもなかなか有利に運んでくれなかったかなというような気はします」

「個人的にはアジアでのアウェーの戦いは非常に難しいと思いますし、タジキスタンに関しても、日本だけが2試合で12得点を決めただけであって、他の2チームに関しては1-0、1-0で来ていますから、やはりどこも難しいなという風に思います」

「ホームの戦いに比べれば北朝鮮も前がかりにやってくる試合になると思いますけど、その中でこの後のウズベキスタン(対北朝鮮)の試合の結果云々に関わらずに、我々は北朝鮮に乗り込んで、その試合で予選突破を決めたいという風に思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る