FOLLOW US

山形、4年ぶりのJ2降格決定…15位・浦和は磐田に完敗/J1第31節

 3日にJ1第31節が行われた。

 引き分け以下ならJ2降格が決定する17位・山形は、アウェーで神戸と対戦。18分、古橋達弥の強烈なシュートがクロスバーに直撃し決定機を逃すと、30分に吉田孝行にミドルシュートを決められ、神戸に先制点を奪われてしまう。さらに、44分にはCKからポポに追加点を決められ、2点のビハインドを背負う。

 後半に入り、山形は廣瀬智靖や長谷川悠、伊東俊といった攻撃のカードを次々と切るもののゴールは遠く、このまま試合終了。0-2で敗戦を喫し、2008年にJ2から初昇格を果たして以来、4年ぶりとなるJ2降格が決定した。

 残留争いを続ける15位・浦和はホームで磐田と対戦。16位・甲府が先の試合で敗れているだけに、何とか差をつけたいところだったが、12分に失点すると、後半にも2点を献上し0-3で完敗を喫した。

 これにより、降格圏の16位・甲府と15位・浦和の勝ち点差は2のままとなっている。

■J1第31節

仙台 0-0 広島

浦和 0-3 磐田

神戸 2-0 山形

福岡 2-2 清水

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA