2011.11.01

U-20W杯出場を目指すU-18日本代表がグアム相手に大量26点を奪い大勝

 10月31日、2013年に開催予定のFIFA U-20ワールドカップ出場を目指すU-18日本代表がその予選に当たるAFC U-19選手権2012予選のグループE第1戦でグアムと対戦し、26対0で勝利を収めた。

 日本は、今季京都でチーム最多の9得点をマークしている久保裕也が8点、東京VユースFWの南秀仁が7点を挙げたのを筆頭に8人がゴールネットを揺らし、大量26点を奪い大勝。力の差を見せつけている。

 同予選は参加39カ国(香港が出場辞退で38カ国に)が7グループに分かれて総当たり戦を行い、グループ上位2チームと3位の上位成績2カ国の計16カ国が来年開催の本大会へ進出。本大会で上位となった国には2013年にトルコで行われるFIFA U-20ワールドカップへの出場権が与えられる。

 日本は韓国、グアム、タイ、チャイニーズ・タイペイと同じグループEに所属。もう1試合は韓国がタイに0-1で敗れる波乱が起きている。

 日本は5日にチャイニーズ・タイペイと対戦する。

[写真]=嶋田健一

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る