FOLLOW US

岡山・植田が世界最長級の58メートルヘディング弾

 30日に行われたJ2第33節の横浜FC対岡山戦で、岡山DFの植田龍仁朗が約58メートルのヘディングシュートを決めた。

 驚愕のゴールが生まれたのは69分。相手ゴールキックをハーフウェーラインから少し自陣に入った位置で頭でクリア。すると、ワンバウンドしたボールが目測を誤ったGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。試合後、関係者が距離を計測したところ、約58メートルの距離だったという。

 9月には、ノルウェーの1部リーグで57メートルのヘディングシュートが決まっており、ギネスに申請する意向を示している。

[写真]=大木雄介

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO