2018.12.20

ピッチに立ちながら指導、解説、執筆まで…岩政大樹が東京ユナイテッドFCで過ごした2年間

平日12時~13時に、サッカー最新情報やコアな特集などをお届けするサッカーキング公式動画番組

「感覚的なものを言葉として表現できる選手」

 プレイングコーチ(=選手兼コーチ)としてチームを支えてきた岩政大樹を、指揮官はこう称える。

 12月19日、東京ユナイテッドFCの福田雅監督、今季限りでの現役引退を発表している岩政大樹が、平日毎日12時から放送中のWEB番組『サッカーキング ハーフ・タイム』に生出演。クラブ創設時のエピソードや岩政が加入してからの2年間、チームの今後について語った。

 関東サッカーリーグ1部に所属する東京ユナイテッドFC。ホームゲームで使用している小石川運動場(東京都文京区)には立ち見席しかないが、今年4月のリーグ開幕戦(東京23FC戦)には600人近くのサポーターが集結。タッチラインから立ち見席までは、わずか2メートルほどしかなく、クリアボールが観客にぶつかることもあれば、選手同士のコミュニケーションや息づかいも聞こえてくる。

東京23FCとのリーグ開幕戦には600人近くのサポーターが集まった

「まずはここを満員にして、スタジアムの必要性を訴えていかなければならない。東京のサッカーシーンには、スタジアムが必要なのだ、と」

 2016年からチームを指揮する福田監督は、暁星高校、東京大学ア式蹴球部でプレーした後、2002年に公認会計士試験に合格。税理士法人、証券会社勤務を経て、母校のア式蹴球部に監督として戻ると、2015年に東京ユナイテッドFCの前身にあたる慶應BRBの再結成に参画。以降、4シーズンにわたってチームを率いてきたという、異色の経歴の持ち主だ。

 公認会計士とサッカー。一見、無縁そうなこの2つのキーワードだが、福田監督はチーム創設前から自身のキャリアをサッカーに活かせないかと考えていた。
「一般社会で生活していれば、きっと世の中の役に立っていたであろう人間が、サッカーがうまかったがためにプロの世界に行き、そこで成功を手にできないまま終わってしまう。そんな状況を見てきて、何かできないかと思ったんです。一線を退いたアスリートが一般社会で生きていく時に、その価値をどう伝えていくか。そのサポートを昔からしてみたかった」

「クラブと同じブランドで知的産業を営んでみたら面白いのではないかと思ったんです。東京ユナイテッドグループでは、サッカーチームのみならず、弁護士法人、税理士法人などのグループ事務所も運営しています。僕自身も公認会計士の資格を持っていたので、いずれ事務所を持ちながらそういった選手たちのサポートができたらと思っていました。選手には職業訓練の場としても、クラブを使ってもらいたいんです」

 そんな東京ユナイテッドFCに岩政が加入したのは、2016年のことだった。2007年から2009年にかけて、鹿島アントラーズで前人未到のJ1リーグ3連覇に貢献。その後、タイで1年間、ファジアーノ岡山で2年間プレーし、引退を考えていた時、岩政が選んだのは、現役選手とセカンドキャリアの“両方”だった。

「引退したら、解説や執筆、サッカー教室での指導をやっていこうという考えもありましたが、経験がない中でいきなりその道のプロになることはできない。そんな時に、東京ユナイテッドから声を掛けられて。周りの選手たちは社会人で、他の仕事もしている。僕はそこで、セカンドキャリアとして始めようとしていたことをやりながら選手を続けられるのではないかと思ったんです」

試合前のロッカールームでは、ユニフォーム姿で選手に指示を出す


 岩政は関東サッカーリーグ1部でプレーした2年間で、32試合出場6得点を記録。さらにロッカールームではコーチとして、チームメートへ檄を飛ばしてきた。
「チームには若い選手もいます。その選手たちはプロに行くことができなかったわけですが、そんな彼らに、社会人との両立を考慮しながら、新しい成長のヒントを与えていく。こういう環境で指導する機会はそうそうないので、いい経験になりました」

* * *

 福田監督が「感覚的なものを言葉として表現できる選手」と形容したとおり、岩政は今後も解説や執筆、さらには自身が手がけるサッカー・ラボをとおして、ピッチレベルで感じてきたことを発信し続ける。そして、岩政が離れた東京ユナイテッドFCも、福田監督指揮のもと、「人としての成長の場」という役割を担いながら、Jリーグ参入に向けて歩んでいく。

 この放送の模様は、サッカーキングの公式YouTubeチャンネルで全編視聴可能となっている。

福田雅監督、岩政大樹が生出演!東京ユナイテッドFCの挑戦と今後

■岩政大樹|史上初、みんなで話す「参加型」サッカー・ラボ 『PITCH LEVELラボ』
https://mall.ismedia.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=9866

■サッカーキング公式チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnytKFJthNMt9_z3LHNACtA

■サッカーキング公式チャンネル(ニコニコ生放送)
http://ch.nicovideo.jp/soccerking

■サッカーキング チャンネル 公式ツイッター
@soccerkingCH

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る