FOLLOW US

スマホで『FIFA MOBILE』を楽しもう! 編集部が注目選手を気になる能力値とともにご紹介

 10月12日にリリースされた、スマートフォンの新たなサッカーゲームアプリ『EA SPORTS FIFA MOBILE』。

 このタイトルはオンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソンが手掛ける、EA SPORTSの人気タイトル『FIFAシリーズ』の最新作となっています。

 FIFA公認のゲームとして、圧倒的なライセンスを誇る同作品では、サッカーゲームアプリにおいてNo.1のライセンス数を保有しており、36のリーグ、650以上のクラブ、17000名以上の実名選手が登場。

 そこで今回は編集部が、有力クラブから気になる選手を「主将」「エース」「期待の若手」「注目選手」の各項目でピックアップ。能力値を参考に、様々な選手を、自分の好みに合った起用で、チームをどんどん強化していきましょう!

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【リヴァプール】


主将 ジョーダン・ヘンダーソン
エース モハメド・サラー
編集部注目選手 南野拓実
期待の若手 カーティス・ジョーンズ

 2018-19シーズンのチャンピオンズリーグを制し、2019-20シーズンのプレミアリーグチャンピオンであるリヴァプール。多くの選手が高レーティングとなっているが、エースのサラーは「88」と、フィルジル・ファン・ダイクと並んでチーム内最高値だ。特にペースは「93」、能力値ごとの項目でも敏捷性「89」、瞬発力「94」、ダッシュスピード「92」と、スピード系の能力が軒並み高い。

 また、注目選手として挙げた南野(事前登録報酬)も総合値「83」と高い。南野もペース「95」で、サラーよりも数字は上。瞬発力「96」やダッシュスピード「95」と、こちらも上回っている。シュート精度やパワー、パスなどの技術は及ばないが、ゲーム内でチームの助けになってくれる。

 主将のヘンダーソンは総合値「81」と高くはないが、各パラメータのバランスが良く、特別属性でリーダーシップやチームプレイヤーを有しており、チーム全体への波及効果がありそうだ。

 現実世界では今シーズン、出番を増やしているジョーンズ。ゲーム内での数値はまだ低いが、生え抜きの19歳は、主将同様に数値のバランスが良く、今後大きな期待ができる。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【マンチェスター・シティ】


主将 フェルナンジーニョ
エース ケヴィン・デ・ブライネ
編集部注目選手 ラヒーム・スターリング
期待の若手 フィル・フォーデン

 このチームを支えるのは何といってもデ・ブライネ。総合値は「89」となっている。パス関係の項目が軒並み高いのは、プレミアリーグのアシスト王としても当然の数字か。また、シュート関係の項目の数字も高く、特性にロングシュートテイカーを持ち、逆足精度も高いので、中盤中央の高い位置で起用したい。

 エースと称してもよいスターリングをピックアップ選手として選択。スピード系能力が高く、さらにはドリブル「89」やバランス「94」、ボールコントロール「88」と、攻撃時に個人での打開が期待できるスキルを持っている。

 近年はセンターバックでプレーすることも多いフェルナンジーニョ。総合値「85」と高く、各項目の数字もバランスが良い。一方で特筆すべき能力が無いと言えるかもしれないが、ディフェンス活動量が「高」に設定されているので、劣勢時に動き回ってくれるだろう。

 フォーデンはすでに総合値「74」に設定。パスや敏捷性が高く、プレイメーカーの特性がつく。利き足が左であることには注意しよう。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【レアル・マドリード】


主将 セルヒオ・ラモス
エース カリム・ベンゼマ
編集部注目選手 マルコ・アセンシオ
期待の若手 ヴィニシウス・ジュニオール

 主将のセルヒオ・ラモスは総合値が高いのはもちろんだが、シュートやPK、FKの数値も高いのが注目だ。もちろん、タックルやマーキングといった守備の選手としての基本能力が高いのは言うまでもない。

 エースのベンゼマは現実世界同様、どの項目でも能力が高く、どんな役割でもこなしてくれそうだ。注目選手としてピックアップしたアセンシオも同様にバランスがよく、両者を起用すれば、互いを補完し、効果を発揮しそうだ。

 期待の若手にはヴィニシウスを選択。特性「スピードドリブラー」を持つように、数値もドリブル含めてスピード関係が高く設定されており、総合値「77」以上の活躍が期待できる。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【アトレティコ・マドリード】


主将 コケ
エース ヤン・オブラク
編集部注目選手 ホセ・ヒメネス
期待の若手 ジョアン・フェリックス

 堅守とハードワークのイメージが強いアトレティコだが、その守備を支えるのはオブラク。実績を確実に積み重ね、トップGKの一人であることが、確実に定着した。総合値が「89」と高く、キックの精度は低いが、ポジショニングや反射神経、ハンドリングなど、GK個人としてのスキルが軒並み高い。注目選手に上げたホセ・ヒメネスもセンターバックとしてフィジカル「88」を持ち、瞬発力「67」ダッシュスピード「70」と、同ポジションでは高い数字を記録しているので、セットで使うと効果的だろう。

 主将のコケはリヴァプールのヘンダーソン同様、バランスのいい数値設定になっている。とりわけロングパス「87」、ショートパス「89」、クロス「86」と、プレイメーク側で起用したい。複数ポジションがこなせる選手だが、ゲーム内では右サイドハーフが主戦場となる。

 すでに名をはせているフェリックスだが、まだまだ若手選手。総合値「78」も期待の表れと言える。攻撃の選手として必要な能力はそろっており、特性も「フレア」「プレイメーカー」「アウトサイドシュート」とすでに3項目を有している。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【インテル】


主将 サミル・ハンダノヴィッチ
エース ロメル・ルカク
編集部注目選手 ラウタロ・マルティネス
期待の若手 アレッサンドロ・バストーニ

 エースと注目選手で強力2トップを紹介。ルカクは決してフィジカルに特化しているわけではなく、総合バランスが良いストライカーとなっている。身長が高く、特性「パワーヘッダー」のため、中央に置いて、クロスで勝負するユーザーは獲得を目指したい。相棒のラウタロはスピード系が高く設定されている一方で、こちらの特性も「パワーヘッダー」のため、ルカクと入れ替えながら起用するのも一手か。

 主将のハンダノヴィッチはオブラクとそん色ない数値に。選手間の相性などで決める判断になりそうだ。特性には「ロングスロー(GK)」がある。期待の若手にはバストーニをチョイス。数値は低いが今後、この選手がゲーム内でもどういった成長を遂げるか、ポテンシャルは高いので、期待していきたい。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

【ミラン】


主将 アレッシオ・ロマニョーリ
エース ジャンルイジ・ドンナルンマ
編集部注目選手 ハカン・チャルハノール
期待の若手 ラファエル・レオン

 近年、成績が思わしくないミランだが、能力は有している選手が並ぶ。中でもエースとしてピックアップした、実績十分のドンナルンマは総合値「83」。GKダイビングと反射神経が「90」で、守備時に直接操作をすることが少ないGKとして活躍が見込める。

 背番号「10」を背負うチャルハノールを注目選手として選んだ理由は何よりもフリーキック。「90」という高い数値を誇り、ゲーム内での“一発”に期待ができる。

 主将のロマニョーリはタックル、マーキング、状況判断、積極性の数値が80台後半と高レーティング。期待の若手で選んだラファエル・レオンはペース「87」、瞬発力「88」、ダッシュスピード「86」と、スピード能力が高く、ゲーム内で効果を発揮しそうだ。

『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

キャンペーン実施中!

「サービス開始記念ログインイベント」が開催
期間:10/11~11/30 23:59

概要:
期間中の累計ログイン日数に応じて報酬がもらえるキャンペーンとなります。
強化素材や選手パックがもらえ、レジェンド選手がゲットできるチャンスも!

※レジェンド選手は排出される選手の中から、一例となります。
『FIFA MOBILE』ダウンロードはコチラ

©2020 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS, and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product.
c FIFA and FIFA’s Official Licensed Product Logo are copyrights and/or trademarks of FIFA.
All rights reserved. Manufactured under license by Electronic Arts Inc.

※ゲーム内の画像は実際と異なる場合があります。20-21シーズンアップデートはゲーム内にて近日実施予定です。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA