2019.02.21

「FOOTISTA」ってどんなゲーム? その疑問に答えます!

サッカー総合情報サイト

「この先の、さらなる10年へ。すべての“蹴球王”(FOOTISTA)へ捧ぐ」。そんな言葉とともにティザー動画が公開されたのは、昨年7月のこと。15年以上にわたって愛されてきた『WORLD CLUB Champion Football』(以下、『WCCF』)が生まれ変わるというのだから、気になっているサッカーファンも多いことだろう。そんなあなたに、『WCCF FOOTISTA 2019』(以下、『FOOTISTA』)の基礎知識をお届けしよう。
※『ワールドサッカーキング』2019年3月号に掲載された記事を再編集したものです
※ゲーム画面は開発中のものです

【PART1】まずはここから。FOOTISTAの基礎知識

ーーゲームはどんな流れで進行する? 試合にはどんな種類があるの?

■ゲームの流れ

1.ストーリー


プレイヤーは新設されたクラブチームの監督に就任し、上位リーグへの昇格を目指すことになる。これまでの『WCCF』にはなかったストーリーパートがプレイヤーの気持ちを盛り上げてくれる。

2.スカウト


クレジットを消費することで選手をスカウトすることができる。ここでスカウトした選手を実物のカードとして印刷するか、デジタルカードとしてデータ上に保存するにとどめるかはプレイヤー次第だ。

3.試合


スターティングメンバーと控えメンバー、合わせて16枚のカードを使って試合に挑む。試合時間が長くなった『FOOTISTA』では、『WCCF』以上にプレイヤー同士の駆け引きが重要視される。

4.育成


試合の結果に応じて、選手や監督(プレイヤー)に経験値がたまっていく。経験値が上限になった選手カードはレアリティがアップし、能力やデザインが変わった新カードとして印刷できるようになる。

5.カード排出


試合前に選手をスカウトし、実物のカードとして印刷することを選んだ場合、プレイ終了後に筐体からカードが排出される。カード化した選手は次のプレイからチームに加えることが可能だ。

■試合の種類

リーグ戦


「LOCAL LEAGUE」はCPU戦、「DOMESTIC LEAGUE」以降は対人戦。さまざまな登場人物が織りなすストーリーを体験しながら、最上位リーグでの優勝を目指す。

カップ戦


すべてCPU戦。複数のカップ戦で優勝し、当該エリアを制覇すると報酬としてデジタルカードが入手できる。また、カップ戦ごとに特定の選手に多く経験値が入るボーナスもある。

フレンドリーマッチ


他プレイヤーとの対戦ができる。あらかじめ設定した番号を入力すれば、離れた場所にいても対戦が可能だ。ここでも監督や選手の経験値、ゲーム内通貨を獲得できる。

【PART2】FOOTISTAの魅力って?

ーー『WCCF』ファンも安心して遊べる? 『FOOTISTA』ならではの魅力は?

■『WCCF』から継承された魅力

1.カードのコレクション性

 物質的なカードが手に入るというのは、『WCCF』のようなトレーディングカードアーケードゲームがもつ最大の強みだ。その基本コンセプトは『FOOTISTA』にも継承されている。『FOOTISTA』は筐体内でリアルタイムにカードを印刷する「オンデマンド印刷」の方式をとるため、カードの品質を不安視する声もあったが、そのクオリティは『WCCF』と遜色ない。さらに、『WCCF』のカードが順次『FOOTISTA』で使用可能になるという点も、カードコレクションを重視するプレイヤーにとってうれしいポイントだろう。

オンデマンド印刷になっても、高レアリティカードのリッチな表現は変わらず。『WCCF』では表面に選手の能力値やスキル名などが表示されていたが、『FOOTISTA』では裏面に情報がまとめられた

2.シンプルな操作性


『FOOTISTA』は、『WCCF』以上に試合中の“駆け引き”を重視している。そのため、対人戦ではプレイヤーは互いの思考を読み合う頭脳戦に挑むことになるが、その操作方法は『WCCF』同様、非常にシンプルだ。筐体の盤面にカードを並べれば、それが自身のチームのスカッドとなり、フォーメーションとなる。チャンスの場面で「シュート」ボタン、ピンチを迎えれば「GK飛び出し」ボタンを押すというのも、『WCCF』から変更はない。

■FOOTISTAで新たに加わった魅力

1.試合中の駆け引き

 試合の勝敗を分ける要素として、新たに搭載されたのが「ホットライン」と「マンマーク」だ。「ホットライン」は攻撃の起点となる選手を最大3人まで指名することができるというもので、攻撃時はこの「ホットライン」や選手固有の「スキル」を使いながら相手の守備を崩していく。一方で守備側は、「マンマーク」や守備系の「スキル」を使ってこれに対抗する。「マンマーク」を指示した選手は、最も近い位置にいる相手選手をマークするようになるが、「マンマーク」発動中の選手が相手の「ホットライン」の選手からボールを奪うと、「ホットライン」は強制解除(ブレイク)される。守備系の「スキル」も同様で、発動中の選手がボールを奪うと、相手選手の「スキル」を強制解除(ブレイク)することができる。
 つまり、攻撃側はいかに相手に読まれないように「ホットライン」を結ぶかを考え、守備側は「相手がどこにホットラインを結び」、「どの選手がスキルを発動しているか」を推測しながら解除を狙っていく、という構図だ。こうしたプレイヤー同士の“駆け引き”を実現させるために、『FOOTISTA』は『WCCF』以上にさまざまな情報が可視化されるようになった。

攻撃|ホットライン

「ホットライン」を結んで「ホットライン重視」ボタンを押すことで、選手が「ホットライン」へのパスを積極的に行うようになる

守備|マンマーク

守備側は相手の「ホットライン」がどこに結ばれているかを推察し、「マンマーク」を使って強制解除を試みる

2.オンデマンド印刷を生かした新要素

『FOOTISTA』が「オンデマンド印刷」の方式をとることは先述のとおりだ。このオンデマンド印刷を使った新たな“遊び”も用意されている。まずはカップ戦の報酬として特定の選手のカードが手に入るというもの。あらかじめ印刷されたカードが筐体にセットされていた『WCCF』では実現できなかった要素だ。そして、『プレイヤーズサイト』と呼ばれるゲームと連動したWEBサイトで選手カードが配信されることが決まっているほか、遠く離れたプレイヤー同士でも簡単にカードのトレードができるようになる。これらもデジタル上でカードのデータをやり取りできる今作ならではの機能だ。

上の画像の場合、カップ戦のランク制覇、全エリア制覇の報酬としてセルジ・ロベルトやディエゴ・ゴディンのカードが入手できる

『WCCF』における「WCCF.NET」にあたる「プレイヤーズサイト」。稼働後はここに1日1回、選手が配信され、ゲーセンに行かずとも『FOOTISTA』のコンテンツに触れられる

3.没入感が増した筐体

 2002年の誕生以降、『WCCF』の筐体には大きな変更は加えられてこなかったが、『FOOTISTA』の筐体はガラリと印象を変えた。まず目につくのは屋根と外枠が設置されたこと。これにより、ゲームへの没入感が高まった。さらに、ゴール時にはプレイヤーのチームカラーに合わせてLEDが光るなど、スタジアムさながらの演出も用意されている。新たにヘッドホン端子、スマホ充電用のUSB端子がついたこともポイントだ。

囲いによって他プレイヤーの視線が気にならなくなったことも、デビューを考える初心者にはプラスポイントだろう

WCCF FOOTISTA 2019

稼働開始日:2019年3月14日
ジャンル:トレーディングカードアーケードゲーム
メーカー:セガ・インタラクティブ
公式サイト:https://www.footista.jp/teaser/
©SEGA ©Panini S.p.A. All Rights Reserved. The game is made by Sega in association with Panini.

FOOTISTA事前登録受付中!
登録して選手カードをゲットしよう


Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る