2018.08.18

【アジア競技大会】ウイイレ日本代表と対峙するライバルたち/南アジア・西アジア編

ウイイレ
(左から)インド代表Ankur Diwakar 選手、Navaneetha Krishnan Ananda Murugan 選手、イラン代表Hassan Pajani 選手、Reza Nobakhtsarkandi 選手©Konami Digital Entertainment
サッカー総合情報サイト

 18日に開幕を迎える「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」。今大会はデモンストレーション競技としてeスポーツが採用されており、日本発の大人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン2018』(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』)のアジア王者を決める戦いが繰り広げられる。

 日本からは国内予選を勝ち抜いた杉村直紀 選手(SOFIA選手)と相原翼 選手(レバ選手)が日本代表として東アジア地域予選を突破し、見事に本大会出場権を獲得した。そんな日本代表の2人は、本大会でどんなチームと対戦するのか。

 アジア大会の地域予選は東アジア(日本、韓国、香港、モンゴル、マカオ)、南アジア(インド、スリランカ、モルディブ)、西アジア(イラン、シリア、サウジアラビア、ヨルダン)、中央アジア(ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン)、東南アジア(ベトナム、マレーシア、シンガポール)の各地域に分かれて開催。代表チームは2名で編成され、1vs1、2vs2、1vs1の順番で試合を行い、先に2勝したチームが勝利となる。そして東アジアと東南アジアからは上位2カ国、そのほかの地域からは上位1カ国が予選を突破。そこに開催国のインドネシアを加えた計8カ国が本大会に出場する。

 今回は同予選のなかから、南アジアと西アジアの戦いを振り返る。

■南アジア地域予選
 南アジア予選を制したのはインド代表。初戦ではスリランカ代表と対戦し、Navaneetha Krishnan Ananda Murugan 選手(navram9677選手)が2-1で1vs1マッチを制すと、2vs2では4-1と快勝した。続くモルディブ代表との第2戦でもNavaneetha Krishnan Ananda Murugan 選手が3-1で1vs1マッチに勝利。2vs2では1-2で競り負けたが、Ankur Diwakar 選手(Volleybird0_0選手)が最終戦の1vs1を3-1で制し、突破を決めた。インドの選手は奪ったボールをすばやく攻撃につなげるスタイルが特徴で、チャンスを確実に決めきる決定力が光っていた。

■南アジア地域予選順位
1位 インド(2勝0敗…勝ち点6)
2位 モルディブ(1勝1敗…勝ち点3)
3位 スリランカ(0勝2敗…勝ち点0)

▼南アジア予選ピックアップゲーム

 
 
■西アジア地域予選
 西アジアの1枠をつかんだのはイラン代表。シリア代表との初戦でHassan Pajani 選手(Hasan_Pes選手)が3-0の快勝を収めると、続く2vs2でも5-1と大勝した。サウジアラビア代表との第2戦では、Hassan Pajani 選手が苦しみながらも1vs1を3-2で制したが、2vs2では1-2で敗れる。それでもReza Nobakhtsarkandi 選手(PunisherNB選手)が続く1vs1を1-0で競り勝ち、勝ち点3を手にした。難敵を下したイランは最終戦のヨルダン代表戦をストレートで制し、終わってみれば3連勝で突破を決めた。Hassan Pajani 選手はゴール前での細かいパス回しが巧みで、Reza Nobakhtsarkandi 選手はカウンターが強力だ。また、両選手は遠い位置からのループシュートなど意表を突くプレーも武器としている印象で、日本代表はその辺りを警戒する必要があるだろう。

■西アジア地域予選順位
1位 イラン(3勝0敗…勝ち点9)

2位 サウジアラビア(2勝1敗…勝ち点6)
3位 シリア(1勝2敗…勝ち点3)
4位 ヨルダン(0勝3敗…勝ち点0)

▼西アジア予選ピックアップゲーム

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る