2018.08.16

日本、eスポーツでサウジと国際試合開催…『ウイイレ2019』がタイトルに採用

調印式に登壇したサウジアラビアeスポーツ(左)とJeSUの岡村秀樹会長(右)
サッカー総合情報サイト

 16日、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)は、2019年1月に開催が決定しているサウジアラビアとの国際親善試合の調印式を行った。

 試合形式はホーム&アウェイ形式で、日本とサウジアラビアの両国で1回ずつ開催。サウジアラビアで2019年1月18、19日に、日本で同1月26、27日に行われる予定となっている。

 採用タイトルは人気サッカーゲームの『ウイニングイレブン 2019』、格闘ゲームの『ストリートファイターV アーケードエディション』と『鉄拳7』。ほかタイトルも採用を検討しているという。大会総額賞金は3000万円で、日本代表の選考方法は後日発表予定となっている。

 JeSUの岡村秀樹会長は「今回の取り組みは両国の協業としてeスポーツの発展、復興に繋がり、また友好を深めていくのに絶好の機会となります。また、両国のeスポーツ競技者にとって新たな活躍の場を創出し、広げていくためにもプロジェクトの成功に向け、共に力を合わせて尽力してまいります」とコメント。調印式のために来日したサウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子は「今回のトーナメントは両国にとってのeスポーツ文化を向上させていくための第一歩です。今後、両国にとって末永く、素晴らしい関係を続けていける始まりになる大会となることを信じております」と、初の両国の国際試合開催を喜んだ。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る