2019.02.15

『イニエスタ選手の価値を理解し、楽天の持つ事業と融合させて最大化させる』楽天のイニエスタ特別セミナー開催

サッカー総合情報サイト

2019年1月28日(月)にFROMONE SPORTS ACADEMYで「イニエスタを招聘したRakutenが仕掛けるスポーツマーケティング戦略」と題した特別セミナーが開催された。

登壇したのは、イニエスタ選手のブランディングをはじめ、スポーツ関連プロジェクトのリーダーとして活躍する堀 弘人さん。楽天に入社したのは2018年。これまでのキャリアで一貫してスポーツマーケティングに従事してきたこともあり、イニエスタ選手のプロジェクトに抜擢されたという。今回のセミナーでポイントとなったのが3点。

 

・堀さんこれまでの一貫したキャリア形成
・楽天のカンパニービジョンやビジネスモデル
・「イニエスタ」プロジェクト

 

堀さんはこれまでアディダス ジャパン、ナイキジャパン、タグ・ホイヤーなどプロスポーツと密接に関わる企業で働いてきた。詳細についてここでは割愛させていただくが、これまでのキャリアを振り返ると、既にイニエスタ選手とも関わりがあったという。詳細についてはサッカーキングのインタビューに記されているので是非一読してほしい。(「スポーツビジネスのトップランナーに聞く」 第4回:堀 弘人さん(楽天株式会社)<全3編>)

『楽天の進めるビジネスモデル』に話を移すと、「楽天は世界で70以上ものビジネスを展開するインターネットにおけるグローバルイノベーションカンパニーである」と紹介された。世界でのグループサービス利用者は12億を超え、日本だけでも1億以上の楽天会員数を誇る。世界でビジネスを展開するために社内の共用語は英語になり、よりグローバルな人材が求められていると語った。

 

創業者で代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏も、「なぜFCバルセロナのトップパートナーになったのか」について、「次元の違うサッカーをしているバルセロナと一緒になることで、楽天も一つ違う次元のサービスを提供したい」と、バルセロナとパートナー契約を結んだ経緯を語っているという。

 

2016年以降、ヨーロッパではFCバルセロナ、アメリカではNBAのゴールデンステート・ウォリアーズとそれぞれのエリアで世界のトップチームとのパートナーシップを開始。これ以降、世界での「Rakuten」ブランドの認知度は格段に高まった。「これはパッションであり、全ての情熱をここに傾ける。そしてこのチームとともに歩む」と、トップ自らがコミットしているので、我々も負けないように、より壮大なアクションができるよう切磋琢磨する姿勢が取れていると堀さんは語った。

 

そして、今回のセミナーのメインテーマである「イニエスタ」プロジェクト。イニエスタ選手という大きなアセットを活用してマネタイズさせるための戦略としては4つのステップが必要となると楽天は考えた。

 

・イニエスタ選手の価値を「理解」すること
・イニエスタ選手の価値を「高める」こと
・イニエスタ選手の価値を「共有」すること
・価値が「マネタイズされる」こと

 

世界のトッププレイヤーであるイニエスタ選手はSNSでも圧倒的なソーシャルパワーを持つ。Twitter、Instagram、Facebookのフォロワー数の総数は7,830万人(1月28日時点)。世界的にも多大な影響力のあるスポーツ選手のひとりだ。

 

現在、楽天が進めている「イニエスタ」プロジェクトとして、スポンサーシップビジネスや、マーチャンダイジング、スクール・アカデミー事業、メディア事業が紹介された。それぞれの事業で一貫しているのはイニエスタ選手の価値を最大限生かし、楽天の持つさまざまな事業と融合させて最大化させるということであった。

2019年の新シーズン、またしても衝撃的な移籍が実現した。元スペイン代表ビジャ選手のヴィッセル神戸への加入が決まり、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャの『VIPトリオ』が誕生したのだ。イニエスタ選手もスペイン代表で共にワールドカップを優勝した戦友の来日にとても喜んでいるという。ヴィッセル神戸、そして楽天の進めるスポーツアセットを活用したアクティベーションに2019年は目が離せないだろう。

イニエスタ選手がスペインで運営するボデガ・イニエスタ(http://www.nlwine.com/winery/iniesta/)で販売するワインが参加者へ振る舞われた。

 

受講者の感想からは「楽天の掲げているマインドや戦略、課題を総合的に聞くことが出来て貴重な時間でした」や、「楽天のスポーツ戦略が、ここ数年で加速度的に活発していると感じていましたが、戦略の一端を聞けて勉強になりました」と満足度が高かったことが伺えた。終了後に行われた懇親会では、堀さんとの名刺交換が列をなし、受講者同士でもディスカッションが行われた。

 

また、2月18日(月)に、FROMONE SPORTS ACADEMYで学生を対象に「Rakutenのスポーツマーケティング戦略を学ぶ!」と題した【就活セミナー】の開催が決定した。今回同様、堀さんが登壇し、楽天がスポーツと事業をどのように組み合わせマーケティングしているのかを解説する。ご自身のキャリアについても触れてもらうので、今後スポーツ業界を目指す若者にとって有意義な時間になるであろう。

2月18日開催!【就活セミナー】Rakutenのスポーツマーケティング戦略を学ぶ!

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る