2018.05.22

早稲田「スポーツMBA Essence」の公開セミナー『スポーツ×アカデミックを考える2』を開催

サッカー総合情報サイト

 早稲田大学スポーツ科学研究センターは、5月28日(月)にスポーツマネジメント教育の必要性について考える公開セミナー『スポーツ×アカデミックを考える2』を開催する。

 このセミナーは昨年8月、スポーツビジネスやスポーツマネジメントに関する知識習得に関心を持つ社会人を対象に、ノンディグリーの教育プログラムとして開講した「スポーツMBA Essence」(Sport Master of Business Administration Essence)の修了者からその習得した成果を聞くとともに、スポーツマネジメント教育の必要性などを参加者と一緒に考えていくもの。

 また、今年の9月に開講する「スポーツMBA Essence」第二期プログラムの内容についても紹介する。

■スポーツ×アカデミックを考える2
日時:2018年5月28日(月)19:00~20:30(開場18:30)
会場:早稲田大学 大隈記念講堂 大講堂(東京都新宿区戸塚町1-104)
主催:早稲田大学スポーツ科学研究センター
共催:早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター
日本マーケティング学会スポーツマーケティング研究会
協力:㈱電通
参加費:無料

■講師プロフィール

「スポーツMBA Essenceの成果報告1」
奥村 武博 氏

公認会計士/一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構 代表理事
早稲田大学スポーツMBA Essence第1期生

土岐商高から1997年ドラフト6位で阪神に入団。野村克也監督から小山(正明)2世と称された制球力が武器だったが、度重なる怪我で2001年に戦力外通告を受け現役引退。その後、打撃投手や飲食業を経て公認会計士を目指すことを決意し、2013年に合格。2017年に公認会計士登録。
日本で初めて元プロ野球選手から公認会計士となる。
2017年10月より現職。現在は講演やセミナーを通じたデュアルキャリアの啓蒙や、会計・税務の専門知識を活かしてファイナンス面からのサポートなど、アスリートのキャリア形成支援活動を行っている。

「スポーツMBA Essenceの成果報告2」

鈴木 大介 氏
毎日新聞社オリンピック・パラリンピック室 主任
早稲田大学スポーツMBA Essence第1期生
1977年神奈川県生まれ。法政大学社会学部卒業。1999年毎日新聞社入社。主に、新聞広告の営業を担当。2016年1月、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャル新聞パートナー契約締結にともない、同年4月、オリンピック・パラリンピック室に着任。以後現職。主に、自社のアクティベーション立案やパートナー連携を担当。

「FIFAマスターとキャリアプラン」
大滝 麻未 氏

なでしこリーグ ニッパツ横浜FCシーガルズ所属
1989年神奈川県出身のプロサッカー選手。早稲田大学を卒業直後、フランスの一部リーグに所属するオリンピック・リヨンに加入。二度の国内チャンピオンと、2012年のUEFA Women’s Champions League優勝を経験。代表では2012年のロンドンオリンピックに帯同した。2015年、25歳の時に一度目の引退を決意し、その翌年には女子サッカー選手では初となるFIFAマスターを取得。2017年7月に卒業し、現在は東京2020への出場を目標に現役復帰。選手をしながらFIFAマスターでの経験を生かし、特にスポーツを通じた女性の支援に力を入れ活動の場を広げている。

長谷川 博和 氏
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター所長
大学院経営管理研究科教授

1984年野村総合研究所入社。企業調査部にて自動車産業の証券アナリスト(人気アナリストランキング1位を獲得)を経て、主任研究員を務める。その後ジャフコの投資調査部に出向し、主要投資候補先・投資先に対する経営アドバイスを実施。1996 年にグローバルベンチャーキャピタル株式会社を設立し、代表取締役社長就任。スタートアップ段階の企業育成を専門とし、出資だけでなく 取締役・監査役就任などベンチャー企業の経営に数多く参画している。京都大学大学院非常勤講師、青山学院大学特任教授を経て、2012 年から現職。博士(早稲田大学)、公認会計士、日本証券アナリスト協会検定会員。

原田 宗彦 氏
早稲田大学スポーツ科学学術院教授
1954年大阪生まれ。1984年ペンシルバニア州立大学博士課程修了(Ph.D.)。フルブライト上級研究員、大阪体育大学大学院教授などを経て、2005年から早稲田大学スポーツ科学学術院教授。主な著書に、『スポーツイベントの経済学』(2002)、『スポーツマーケティング』(2008年)『スポーツ産業論第6版』(2015年)『スポーツ都市戦略』(2016年)など一般社団日本スポーツツーリズム推進機構代表理事、日本スポーツマネジメント学会会長、Jリーグ参与などを務める。

早稲田「スポーツMBA Essence」についてはこちらのサイト
http://www.waseda.jp/prj-sportmba/

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る