2016.03.01

【レピュコム 特別セミナー】スポーツへの投資をムダにしない、スポンサーシップの”正しい”活用法

3fa51bbe-81c7-4907-8603-8ecc2c581bf2

講師:秦 英之(株式会社レピュコムジャパン 代表取締役社長)

日時

3月31日(木)19:30~21:00
開場 19:00
講義 19:30~20:30
質疑 20:30~21:00
※終了後、会場にて懇親会を実施致します

会場

Football★Plaza1階
104-0032 東京都中央区八丁堀4-9-4
東京メトロ日比谷線、JR京葉線・武蔵野線「八丁堀」駅 A1出口より徒歩1分

こんな方にオススメ

□ サッカービジネスに興味のある方
□ スポーツマーケティングに興味のある方
□ スポンサーシップに興味のある方
□ スポンサー企業の方
□ 上記を学ぶ学生の方

講師

株式会社レピュコムジャパン
代表取締役社長
秦 英之(はた ひでゆき)

1972年生まれ。明治大学卒。
大学卒業後、ソニー株式会社で働く傍ら、アメリカンフットボール選手としてアサヒビール・シルバースターで日本一を経験。同社には2012まで在籍し、国際サッカー連盟(FIFA)とのトップパートナーシップ等、全世界を束ねるグローバル戦略の構築を担当。南アフリカワールドカップをはじめ、数々のFIFA大会を絡めた活動を推進。
現在はワールドワイドで展開するスポーツデータリサーチ会社であるレピュコム・インターナショナル社の日本法人の代表として、スポーツスポンサーシップに対する投資価値を同社独自の方法で評価・測定。サッカー(FIFA、UEFA、英国プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエAなど)、野球(MLB)、アメフト(NFL)、バスケ(NBA)、ゴルフ(PGA)、アイスホッケー(NHL)、クリケット(国際クリケット連盟)、大学スポーツ(NCAA)等の団体に「生きたデータ」を提供し、企業とスポーツがより一層相乗効果を計れる仕組みを創出している。(日本ではJリーグやプロ野球チーム等と契約)
またスポーツに出資する企業にも、マーケティング戦略に不可欠なデータとして数多く採用されている。

主催:サッカーキング・アカデミー
協力:株式会社レピュコムジャパン、サッカーキング

イベント詳細

開催日時
2016年03月31日 19:30 終了
開催場所
中央区八丁堀
提供媒体
サッカーキング