EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.09.14

【独占単独インタビュー】ノエル・ギャラガー、マンチェスター・Cを熱く語る

サッカーキング編集部

[ワールドサッカーキングNo.302 2015年10月号掲載]

 伝説のバンド、オアシスのフロントマンにしてUKロックのシンボル、そして筋金入りのシティサポーターであるノエル・ギャラガーと、7月26日にヘッドライナーとして登場した『FUJI ROCK FESTIVAL’15』の出演前にサッカー談義。Fuckin’気さくなレジェンドから日本のファンにメッセージだ!

インタビュー=小松春生 Interview by Haruo KOMATSU
翻訳=湊昂大 Translation by Kota MINATO

2部以下でプレーしていたFuckinʼひどい時も応援していたんだ

――マンチェスター・シティの熱狂的ファンとして知られていますね。

ノエル・ギャラガー(以下、ノエル) そうだ。そのとおりだ。

――ファンになったきっかけは何だったんですか?

ノエル 俺の生まれ育った家は、シティの練習場から徒歩5分の距離だった。だから、たまに親父がチームの練習を見に連れて行ってくれたんだ。100フィート(約30メートル)ぐらいのデカイ照明があったんだけど、部屋からそれが見えたよ。まさしく、シティは俺のローカルチームだな。

――何が魅力的に映ったんですか?

ノエル 大多数のファンは、シティがローカルチームだから、チームのアイデンティティに惹かれていると思う。だが、今増えている新しいファンは、おそらくヤヤやアグエロのような選手のおかげだろう。クラブも世界的なスーパースターを買っているから、世界中にファンを獲得しているんだと思う。あとは……偉大なクラブだからね。ファンであることがクールなクラブだな。最高にイケてるクラブだ。

――何がイケているポイントですか?

ノエル 理由を語るのは難しいな。なぜなら俺は4、5歳ぐらいからサポートしているんだ。いろんな理由が混在しているんだよ。アグエロやヤヤが来る前、2部以下でプレーしていたFuckinʼひどい時も応援していたんだ。だから何がイケてるかはわからない。ただローカルチームってことだよ。

 あと、イングランド人は弱いほうを好む傾向があるんだ。ユナイテッドは、ファンがクソみたいにFuckinʼバカだからイケてない。街のイケてる部分を認めようとしないんだ。

――これまでで一番お気に入りのシティの選手は?

ノエル シルバだ。あとはアグエロ、ヤヤ。おそらくテベスもだな。あとサバレタ、ナスリもだ。だけど、シルバだ。あとアグエロもな。

――最近の選手が多いのはクラブが勝っているから?

ノエル ……イエス。だけど、シルバは本当に素晴らしい選手だ。シティの選手だってことは関係ないくらいだ。彼とアグエロは、試合でちゃんとしたプレーができるんだ。ズルをしたり、すぐに痛がったりしない。ただただ、Fuckinʼグレートな選手でいい奴らだよ。

――新シーズンのシティにどれぐらい期待はしていますか?

ノエル また1位か2位だろうね。もし、ケヴィン・デ・ブライネをヴォルフスブルクから買えば優勝できるだろう。シーズンが明日スタートし、どのクラブも他の選手を買えないとしたら、結構いいチャンスがあるんじゃないか?

一番感動したのはアグエロがゴール決めてリーグ優勝したこと

――プレシーズンでユナイテッドやアーセナルが好調ですが?

ノエル なんでもねぇな! ユナイテッドは昨シーズン、今までで一番良いプレシーズンだった。トロフィー(インターナショナル・チャレンジカップ2014)も獲得したけど、クソだ。アーセナルは〝いつも〞良いプレシーズンを過ごしているが、毎回3位で終わる。だから、特に変わったことはないさ。

――ファンとして、シティに関して感動した話は?

ノエル 一番感動したのは、4シーズン前に最終戦でアグエロがゴールを決めて、リーグ優勝したことだな。俺はチリのサンティアゴにあるバーで観ていた。朝の9時だった。絶対に忘れられない。スタジアムで観戦していなかったけど、あれは忘れることができない記憶なんだ。そして2シーズン前もリーグを制覇した。その時は、トロフィーを受け取りに行く選手たちを見送るために、スタジアム内のピッチへ続く通路で待っていたんだよ。キャプテンのヴァンサン・コンパニが立っていたから、話していたんだ。俺は、冗談ではなく、笑いごとではないと考えながら「キャプテンマークをくれないか?」って言ったんだ。そしたら彼はそれを取って、俺にくれたんだよ。

――これまでの楽曲でシティへの想いを込めたものはありますか?

ノエル 特にないよ。だけど、メイン・ロードのキパックス(メインスタンド)にいた時、よくチャントを聞いていたんだ。ものすごい数の人が歌っていた。最初に周りを見渡した時、「Fuckinʼ、すげぇ」って思ったこと覚えているよ。だから、俺の曲はわずかながら、それが影響しているのかもしれないな。

――『BBC』の番組でデイヴィッド・ベッカムと共演した時、MV出演のオファーの話をしていましたけど?

ノエル 冗談だ。

――でも出てほしい?

ノエル そうでもないね。

――社交辞令だった?

ノエル そうだね。

お前らはイングランドで最も偉大なクラブをサポートしている

――では、音楽のお話をうかがいます。初のセルフ・プロデュースとなったニューアルバム『Chasing Yesterday』で得たものは?

ノエル セルフ・プロデュースの一番の違いはこうだ。プロデューサーと一緒に働くと、曲を演奏したり、歌ったり、聞いたりする。俺は後ろのほうに座っていて、プロデューサーはデスクで(少し気取ってリズムに乗る動き)、ってな感じだ。そして曲が終わったら、こっちを向いて「ああ、良いね! だけど、あれをもう少しこうして、ここをこうして……」って注文をつけられる。そして俺は「あぁ、OK」って従うんだ。だけど、セルフ・プロデュースは、演奏して、歌って、聞いて、作業が終わると、「俺はFuckinʼ天才だな!」って、そんな感じだよ。

――何か新しくチャレンジしたことは?

ノエル 俺の最初のソロレコードは、プロデューサーにFuckinʼ200回も歌を歌わされたんだ。(こぶしを握って、歯を食いしばりイラついた表情を見せる)。俺の時は4回歌ったらそれで終わりだ。もし4回で良いのができなかったら、また違う試みをする。だから、曲作りに時間をかけるようにしているんだ。レコーディングより、曲作りに時間をかければ、サウンドは新鮮なままだ。

――『While the song remains the same』はシティの試合の帰りに曲が浮かんだそうですが?

ノエル 俺はマンチェスターにいて、シティの試合しか見てないってだけだ。だけど曲はそのことを歌ったわけじゃない。俺がよく遊んだ場所は、もうなくなってきて、新しいビルが立っている。そういうことについてだよ。もし曲にメッセージがあるならば、今あるその環境を楽しめよってことだな。なぜなら、人生に変化はつきものだ。その瞬間を楽しめってことだね。

――マンチェスターを歩いていると昔のことを思い出す?

ノエル もちろんだ。友人とよく遊んだナイトクラブとか、ギターショップとか、よく演奏した場所とかは、もうみんななくなった。今も続く商業的な発展の犠牲となった。でも前に進むしかないんだ。

――2005年にオアシスとしてライブをしたシティ・オブ・マンチェスターでまた演奏したいですか?

ノエル オアシスとしては、ないね。

――ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとしては?

ノエル あぁ俺か? もちろんだ! 間違いないよ。俺は7万6000人を前に演奏することなんてないと思うけどな。だけど、もし魔法でもあればできるだろうな。

――最後に日本のシティファンにメッセージをお願いします。

ノエル 遠く離れている日本にシティのファンがいることは素晴らしい。だから、「よくやった。お前らはイングランドで最も偉大なクラブをサポートしている。最もイケてるファン……つまり俺と一緒にだ。新シーズンを一緒に楽しんで、トロフィーを獲得できるよう願おう!」って言いたいね。

スペシャル・プレゼント!
現在発売中の本誌『ワールドサッカーキング』10月号、マンチェスター・シティ特集では、ノエル・ギャラガー直筆サイン入りマンチェスター・シティユニフォーム(Lサイズ)のプレゼントを実施中! レアアイテムをこの機会にGETしよう!

【アルバム情報】
Noel Gallagher’s High Flying Birds / ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
『Chasing Yesterday | チェイシング・イエスタデイ』発売中!
●初回生産限定盤(CD2枚組)¥2900+税 SICP-4395~6 ※仕様:ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス
●通常盤CD¥2400+税 SICP-4397 ※通常盤初回仕様:紙ジャケット
国内盤ボーナス・トラック収録! (初回限定版・通常盤共通)
http://www.sonymusic.co.jp/artist/noelgallagher/

NGHFB_Chasing Yesterday_JK
Pickup