2013.10.15

【ゆりっぺFC】今季も大詰め! スタジアムで熱い声援を一緒に送りましょう! #FCTOKYO

橘ゆりか

橘ゆりか

 早いものでもう10月も半ばなんですね!サッカー観戦も半袖では肌寒く感じるようになってきました。この前のホーム国立での鹿島戦に至っては雨も降っていましたからね。あの日は身も心も冷え込みました…。

 FC東京はキックオフ10分も経たない間に二点を鹿島に決められ自身はシュートも打たせてもらえない苦しい状況でした。やはりそんな流れのときはサポーターから愛のある「シュート打てコール」が発動されます。そこから徐々に前へ向かう姿勢は見られたのですがゴールならず。後半戦はFC東京にもチャンスは多くシュートを打つもののなかなかゴールは奪えません。とてもじれったい気持ちでした。

 鹿島は連勝中でチームの調子が良いだけにこのあと小笠原選手、大迫選手による追加点が決まります。半端ないです。

 時間が迫る中諦めずに戦う東京に待望のゴールが!CKで上がったボールを平山相太選手が頭で落とし長谷川アーリアジャスール選手のつま先アシスト、最後には右足を振り抜いた平山選手のシュートが決まりました。この平山選手の一度低くなった体勢から立ち上がりながらのシュートの姿がとてもかっこよくて胸打たれました。ですがここから東京の逆転はならず結果は1-4に終わりました。

 権田修一選手はこの試合を振り返って「鹿島は空いたところ空いたところに打ってきたしカウンターから逆サイドをつかれて東京は追い付けなかった。こうした鹿島の良さを出させてしまったことが失点に繋がった。相手が嫌がることをさせると上手い。そして精度も高い。気を付けても止められなかった。4連勝していた良い状態の東京だけどこんな結果になった。」と話を聞かせてくださり数日後には日本代表遠征のため日本を旅立たれたのでした。

 そういえば、この日も国立から大声で聞こえました。サマーライオン!

 この夏誕生したFC東京のチャント曲「サマーライオン」をご存知ですか?なんとこの原曲はアイドリング!!!が歌っているものなんです。私が初めてチャントを聞いた時、あんなにたくさんのサポーターの皆さんにサマーライオンが歌われていることに凄く感激しました。アイドロング!!!のイベントがこの曲を知ってもらうきっかけになったと思うのですが、こんなにも早く浸透するなんて驚きです。チャントで初めてサマーライオンを聞いた皆さん、是非原曲の方も一度聞いてみてくださいね。

 さて、そろそろリーグ戦も大詰めです。天皇杯4回戦出場も決まったFC東京のここからの活躍は絶対に見逃せませんよ!味スタへ行ってより熱い声援を一緒に送りましょう!バモ!トーキョー!

 こぼれ話しますね。

 どうやら権田修一選手は大のゲーム好きで昔から「サカつく」ファンらしいのです。なので10月10日発売の新作のサカつくを持って遠征に行きたかったそうです。実はこの作品に私、橘ゆりかが実名で出演してます。と権田選手に告げると「じゃあ秘書に指名しますね!」っておっしゃってくれたのですが、私は秘書ではなくリポーター役で出演するんですよと伝えました。「そのまんまじゃないですかー(笑)」というツッコミをいただきました。はい、そのまんまなんです!

 現在FC東京ビバパラダイスという番組でリポーターをしている私が、まさかのリポーター役でサカつくに出演出来るなんて奇跡ですよ!その奇跡を確かめるべくSEGA【サカつく プロサッカークラブをつくろう!】で遊んで自分だけのクラブを作り上げてください!

橘ゆりか(たちばな ゆりか)。1992年12月23日生まれ。滋賀県出身。2009年4月、女性アイドルグループ『アイドリング!!!』に19号として加入。『アイドリング!!!』としての活動をはじめ、TV、舞台、CMと多方面で活躍中。2012年 シーズンからJ:COMの地域密着・チーム密着の応援番組「FC東京ビバパラダイス」のリポーターを務める。オフィシャルブログ『ちょっとたちばなし