サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.22

【JYPSL/注目選手4】攻守のカギを握る頭脳派DF金昇毅(作陽)

sakuyo
作陽の守備の要、金昇毅[写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 1998年に『中日本高校サッカースーパーリーグ』の名称で開催され、今年で19回目を迎えるスーパーリーグ。今年度のジャパンユースプーマスーパーリーグ(JYPSL)には、トップ43チーム、セカンド37チームが参加。2015Jユースカップ第23回Jリーグユース選手権大会優勝の浦和レッズユースをはじめ、名古屋グランパスU18、國學院久我山高校、星稜高校など全国各地の強豪が集結している。トップ・セカンドともに4つのリーグに分かれ、熱い戦いを繰り広げている今大会の注目選手を紹介する。

【JYPSL/注目選手vol.4】DF金昇毅(作陽高校)

 屈強なフィジカルとラインコントロールのうまさが光るセンターバックだ。

 作陽高校は昨年、伊藤涼太郎(浦和レッズ)を軸にした攻撃的なチームだったが、「後ろが安定しているのが今年の強み」と野村雅之監督が語るように、今年は金を中心とした守備のチームとなっている。

 野村IDサッカーのDFリーダーは、ただ守っていればいいわけではない。カウンターの起点として、コンパクトな中盤を保つためのビルドアップを求められる。鋭い出足とボディーコンタクトで相手のエースを封じこめ、ミドルパスで攻撃の起点になるなど、幅広い活躍が期待される。今年の作陽の頭脳は最終ラインにいる。

文=安藤隆人

Jリーグ順位ランキング

川崎F
28pt
鹿島
27pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
29pt
岡山
25pt
町田
25pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
相模原
18pt
琉球
18pt
Jリーグ順位をもっと見る