サッカーゲームキングジャック6月号
2016.01.11

来年こそ“久我山スタイル”で優勝へ…2年生MF名倉「全国で発揮できるように」

名倉巧
東福岡戦に先発フル出場した名倉巧(右) [写真]=兼子愼一郎
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝が11日に埼玉スタジアム2002で行われ、東京A代表の國學院久我山は福岡代表の東福岡と対戦。0-5の大敗を喫し、初優勝には届かなかった。

 先発フル出場した國學院久我山の2年生MF名倉巧は「2点目を決められた瞬間は気落ちしたし、点を取りに行こうってハーフタイムに話していた、その直後だった」と東福岡の主将MF中村健人に決められた2失点目の直接FKが大きかったという。

 この日対戦した東福岡はチームとして一段レベルが上だった。名倉もそれを肌で感じたようで、「プレスの速さだったり、キックの精度だったり、シュートを決めきるところは、今までの相手とは少し違った。今までの相手はあんまり研究してこなくて、中盤で自分がフリーになれる時が多かったんですけど。そういうのも含めて、東福岡の強さを実感しました」と戦い方を研究されていたことを明かした。

 特に相手MF鍬先祐弥にマンマークにつかれたことが印象に残っているようで「4番(鍬先)は強くて。自分の実力が足りなかった。それをはがせる力がまだなかったということ」と苦戦したことを認めた。「もっと力をつけて、DFを一人簡単にはがせて、攻撃のチャンスを作れるようにならないと、久我山はもっと勝ち上がっていけない」と現状を語った。

 チームとして今大会で得た自信と経験はとても大きかったと話し、「(自分たちの)スタイルを貫いてここまで来られたっていうのが大きな自信になった」とコメント。2年生の名倉は来年も選手権出場の可能性を残していて、「自分とかが引っ張って、久我山のスタイルをまたこの全国の舞台で発揮できるように1年間工夫して練習頑張りたい」と早くも次回大会に目標を定めた。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
28pt
鹿島
27pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
相模原
18pt
琉球
18pt
Jリーグ順位をもっと見る