2016.01.10

國學院久我山GK平田周、尊敬する大先輩との一戦を制し決勝進出に貢献

8
國學院久我山GK平田周 [写真]=高見直樹
2013年までサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で編集、記者を担当。現在はフリーランスとして活動中。

 快進撃を続ける國學院久我山高校の最後尾に、ちょっと違う雰囲気を漂わせる1年生がいる。GK平田周、「4月1日が初先発」という入学と同時に出場機会を得たゴールデンルーキーについて、DFの要・野村京平は「1年生とは思えない風格がある。あいつについては何も心配していない」と笑う。

 FC東京U-15むさしの出身で惜しくも同U-18への昇格を逃した過去を持つが、國學院久我山への推薦入学を早々に決めて気持ちを高校サッカーに切り替えた。当時から一つの目標と定めていたのは青森山田高校で1年生から定位置をつかんで活躍していたGK廣末陸。同じくFC東京U-15深川から昇格ならずも高校サッカーというステージで羽ばたき、U-18日本代表に名を連ねるまで成長した大先輩の存在は、平田にとって確かな励みだった。

 高校選手権(全国高等学校サッカー選手権大会)の準決勝はそんな一学年上の廣末との直接対決だった。試合前の入場で並んだ時点から尊敬する先輩に、闘志を煽るような熱い言葉をかけられて気持ちも高ぶりながらゲームに入った。そして向こうに回した大先輩のプレーに、あらためて大いに刺激を受けた。「あれはもう廣末くんの“武器”」と言う精密なフィードに加えて、「久我山の選手が外したように見えるシュートでも、完璧に(距離を)詰めていてどこにけっても体に当たるような状態を作っていた」と感嘆。チームとしての結果は青森山田を上回っても、「思っていた以上だった。やることがたくさんあると感じた」と個人としての課題を再認識していた。

 本人が課題を感じた一方で、GKとしての平田の武器も見えた試合だった。落ち着きに加えて光るのは、ゲームの中での修正力。前半は「青森山田のロングスローは思っていた以上の迫力だった」と感じたように飛び出しの判断でいくつかミスが出たが、後半はしっかり修正。ロングスローにも万全の対応を見せるなど、賢いところを見せてくれた。

 次の舞台は決勝戦。「3年生の粘り強さがあって、ここまで来られた」と語る平田は、「思ったことを言っちゃうタイプだし、生意気だと思われたと思う。それでも3年生が受け入れて認めてくれた」ことへの感謝を表現する。ベンチに入れない3年生に対する思いを含めて、「責任を感じながらプレーしたい」

文=川端暁彦

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る