2016.01.03

悲劇的敗北を糧にJリーグへ、FW小川航基「開幕から試合に出て、仲間に恩返しする」

SHIN6002
[写真]=兼子愼一郎
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 後半アディショナルタイムに2失点を喫して追いつかれ、PK戦の末に敗北。自身は2得点を挙げながらその後2度のPK失敗、ヒーローで終わるはずが一転して“悲劇の主役”を演じることになってしまった。

 桐光学園高校のキャプテンを務めるFW小川航基は、2回戦の長崎南山高校戦に続いて、この日も青森山田高校を相手に、右足と頭で2得点。さらに自身の突破からPKを獲得するも、このシュートはバーの上を越えてしまい、ハットトリックのチャンスは逃した。

 迎えたPK戦では先攻の桐光学園、後攻の青森山田ともに4人目までが決める。しかし桐光学園5人目のキッカーを務めた小川のシュートは、相手GK廣末陸にセーブされる。「いつもと違うコースに蹴った。『ここ』という自分のコースを守りきれないメンタルの弱さが出た」と悔やんだ。

 それでも、2試合4得点と堂々たる成績を残した。小川は選手権を振り返り「憧れ(の舞台)で、人生で一番楽しかった」と話す。そして、高校サッカーに区切りをつけ、ジュビロ磐田の一員となる彼は、この悔しさを晴らすべくJリーグの舞台へと進む。「開幕から(試合に)出て、監督やスタッフ、仲間たちに恩返しをする」

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る