2016.01.03

東福岡がPK戦勝利でベスト8進出…市立船橋はリベンジならず

KANE2068
東福岡と市立船橋が対戦 [写真]=兼村竜介
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 3日、平成27年度第94回全国高等学校サッカー選手権大会の3回戦が行われ、福岡県代表の東福岡高校と千葉県代表の市立船橋高校が激突した。

 今年度の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)決勝と同カードとなった対戦。インターハイでは1-1でPK戦に突入し、6-5で東福岡が勝利を収めている。

 立ちあがりからペースを握ったのは、インターハイのリベンジに燃える市立船橋。5分、カウンターのチャンスを迎えると、右サイドから工藤友暉が折り返したボールに押尾大貴が左足を振りぬくも枠を外れる。21分には矢村健がGKと一対一のチャンスを迎えるも、2度のシュートは東福岡GK脇野敦至が好セーブ。

 すると、東福岡は2回戦でハットトリックを決めているFW餅山大輝に立て続けに決定機が訪れる。27分、最終ラインの裏に抜けだし右足でシュートを放つも、相手DFの足に当たる。31分にはクロスボールのこぼれ球をフリーでダイレクトシュートするも、クロスバーの上へ。35分にはロングフィードに抜けだし左足を振り抜くも、市立船橋GK寺尾凌の手に当たってわずかに枠を外れる。互いにチャンスを決めきれず、スコアレスのまま折り返した。

 後半に入ると47分、カウンターから東福岡MF三宅海斗がドリブルで切りこみペナルティーエリア付近からシュートを放つも、GKに弾かれる。

 その後、市立船橋はMF椎橋慧也に代わってエースの永藤歩を投入し、攻勢に出る。56分、セットプレーのチャンスに杉岡大暉が頭で合わせるもクロスバー直撃。65分には永藤がペナルティーエリア外から右足でシュートを放つも、東福岡DFがブロック。70分には再び永藤がゴール前でボールを受け、右足シュートまで持ちこむもボールはわずかにゴール左へ。 

 結局、両チーム譲らず、勝負の行方はPK戦にもつれ込むこととなった。 

 後攻・市立船橋の2人目が失敗し、東福岡は5人目の三宅が決めれば勝利となる場面で、市立船橋GK寺尾がセーブ。対する市立船橋は5人目の杉岡が決めればサドンデスに持ちこめたが、東福岡GK脇野がシュートストップ。この結果、PK戦4-3で東福岡がベスト8進出を果たした。

【スコア】
東福岡 0-0(PK4-3) 市立船橋

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
47pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
36pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る