2016.01.03

前回王者の星稜、4大会連続のベスト8進出決定…中京大中京に完封勝利

seiryo_tyukyo
競り合う星稜DF助田(左)と中京大中京DF水口(右) [写真]=瀬藤尚美
サッカー総合情報サイト

 第94回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が3日に行われ、石川県代表の星稜と愛知県代表の中京大中京が対戦した。

 初戦となった2回戦で前半に先制を許しながらも、後半の2得点で岡山県代表の玉野光南を2-1で下した前回王者の星稜。一方の中京大中京は1回戦で初芝橋本(和歌山)を4-0、2回戦で札幌大谷(北海道)を3-0と快勝で勝ち上がってきた。

 ゆっくりとした立ち上がりからペースをまず掴んだのは星稜。DF登録ながらFW起用されている加藤貴也が5分、10分と積極的にシュートを放つと、13分には左CKからファーサイドにいた東方智紀のヘディングシュートがクロスバーをヒット。3分後にも効果的な配球を見せる大橋滉平のスルーパスから阿部雅志がGKと一対一になりかけたが、飛び出した中京大中京GK岩本大輝がセーブした。

 25分過ぎから中京大中京もボールを保持する時間ができるようになる。2試合連続得点中の1年生MF井村早良がチャンスに絡み、ゴールに近づくと39分には浮き球パスに反応。DF2人に挟まれながらも振り切り、GKと一対一になったが坂口璃久がセーブした。

 スコアレスで折り返した試合は後半早々に動く。44分、左サイドの深い位置でFKを獲得した星稜は大橋が右足でゴール前へ浮き球を送ると、混戦から岡田勇斗が押し込み、先制点を獲得した。得点後も星稜は前掛かりになる相手に対してカウンターでチャンスを作っていく。57分には助田航平が右サイドを駆け上がって低いクロス。中央の大倉尚勲がスルーすると、ファーサイドの阿部が右足のシュートでゴール右を狙ったが、わずかにそれた。

 終盤、中京大中京は星稜を押し込んで猛攻を仕掛けるがネットが揺れることはなく、1-0のまま終了。勝利した星稜は4大会連続のベスト8進出が決定した。5日に駒沢陸上競技場行われる準々決勝では各務原(岐阜)と明徳義塾(高知)の勝者と対戦する。

【スコア】
星稜(石川) 1-0 中京大中京(愛知)

【得点者】
1-0 44分 岡田勇斗(星稜)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
63pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る