2016.01.02

インハイ準優勝の市立船橋が勝利…東福岡との再戦が実現

ichifuna
先制点を決め喜ぶ市立船橋DF杉岡大暉 [写真]=瀬藤尚美
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 第94回全国高校サッカー選手権大会の2回戦が2日に行われ、千葉代表の市立船橋と鳥取代表の米子北が対戦した。

 市立船橋は、来シーズンからベガルタ仙台加入が内定している椎橋慧也が先発、同じくモンテディオ山形加入が内定している永藤歩はベンチスタートとなった。

 試合は序盤から市立船橋がボールを支配。右サイドから真瀬拓海、左サイドから工藤友暉が積極的にドリブル突破を仕掛ける。対する米子北は後方でブロックを作りカウンターを狙うも、前線へのフィードは精度を欠き散発的な攻撃が続いた。

 試合が動いたのは32分、工藤の右CKに中央に走り込んだ杉岡大暉が頭で合わせ、市立船橋が先制に成功する。

 1点のリードを奪った市立船橋はその後も攻勢を強める。35分、押尾大貴が右サイドをドリブル突破、エリア外から左足でコントロールシュートを放つも、これはゴール左に外れた。36分にはディフェンスラインの裏に抜け出した矢村健が右足で追加点を狙うも、シュートは米子北GK中原創太の正面を突いた。

 後半に入っても試合のペースを握るのは市立船橋。56分、左サイドでボールを受けた矢村がドリブル突破。中央に折り返したボールにフリーの工藤が左足で合わせると、シュートはGK中原の右手をかすめゴールネットに突き刺さった。

 2点のビハインドを背負った米子北は、長身FW伊藤龍生やFW野儀倖世といった攻撃的な選手を次々投入するも、市立船橋守備陣の前に中々チャンスを作れない。

 すると71分、市立船橋はゴール左30メートル付近でFKを獲得。キッカーの工藤が右足でグラウンダーのクロスを放つと、ニアサイドに走り込んだ原輝綺が左足で流し込み、3点目を追加。市立船橋は直後に永藤を投入し、なおも攻勢を強める。

 結局試合はそのまま終了し、3-0で完封勝利した市立船橋が3回戦進出を決めた。

 2回戦を突破した市立船橋は、1月3日にフクダ電子アリーナで東福岡(福岡代表)と対戦する。今夏、インターハイ決勝で激突した両校の再戦が早くも実現することとなった。

【スコア】
米子北(鳥取) 0-3 市立船橋(千葉)

【得点者】
0-1 33分 杉岡大暉(市立船橋)
0-2 56分 工藤友暉(市立船橋)
0-3 71分 原輝綺(市立船橋)

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る