2015.12.30

決勝点を挙げた駒澤大高MF竹上、MVP級の活躍で示した3年生の想い

takegami
駒澤大高MF竹上有祥 [写真]=大木雄介
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 数少ない3年生がチームを力強く牽引した。駒澤大高はスタメン、ベンチともに多くの1、2年生が名を連ねている。この試合でスタメン出場を果たした3年生は4人、9人のベンチ入りメンバーでは2人しかいなかった。

「大会前から(大野祥司)監督に、『3年生がダメだ』、『3年生が点を取らないといけない』と檄を受けていた。僕ら3年生が何とかしたかった」。

 こう語るのは、この試合でMVP的な活躍を見せた3年生MF竹上有祥だ。彼のプレーは80分間を通して、3年生の想いを代弁するかのように、躍動感と気迫に満ちていた。

 ボランチとして豊富な運動量で、セカンドボールを拾っては、素早く攻撃に繋げる中盤のダイナモとして君臨する彼は、この試合において常に攻守に関わり続けた。セカンドボールを拾って攻撃に繋げるだけでなく、猛ダッシュでバイタルエリアまで走りこみ、時にはFWを追い越してゴールに迫った。さらに相手ボールになってからの帰陣も早く、そのプレーエリアの広さは特筆に値するものだった。

 その献身的なプレーは結果にも繋がった。1-0で迎えた30分、相手GKのキックをブロックしたこぼれを、MF矢崎一輝が拾ってマイボールにすると、左サイドから猛然とダッシュで追い越していく。パスを受けると、そのままペナルティーエリア内まで切れこみ、カバーに来たDFを鋭い切り返しではがすと、冷静に右足のコントロールシュート。ボールはゴール右サイドネットに吸い込まれた。

「得点も取ることができたので、凄く(波に)乗れた」と語るように、後半になっても彼の集中力と躍動感は衰えない。53分にはボランチからFWにポジションを移すと、「より走って相手に簡単に蹴らせない、自由を許さないことを心がけた」と、前線からの猛プレスで自由を奪った。

 61分にPKにより1点差に迫られたが、72分には鋭いフォアチェックで相手のフィードをはじき出すと、槙野智章(浦和レッズ)ばりのガッツポーズで、気合いの雄叫びを挙げた。

 最後まで運動量を落とすこと無く走り回り、攻守に貢献し、かつ決勝ゴールをマークした竹上。「1点目を3年生の深見(侑生キャプテン)が決めて、2点目も3年生の僕が取れた。3年生が2点を取って勝てたことが本当にうれしい」と笑顔をこぼしたように、ようやく大野監督の檄に応えられた達成感があった。

文=安藤隆人

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る