2014.12.29

高校選手権の応援歌を歌う大原櫻子「仲間がいるんだということが届いてほしい」

大原櫻子
インタビューを受ける大原櫻子 [写真]=兼子愼一郎

 国立競技場の改修に伴い、今大会から決勝の舞台を埼玉スタジアム2002に移すことになる第93回全国高校サッカー選手権大会が30日から開幕する。

 今大会では応援リーダーをスタンダール・リエージュ所属の日本代表GK川島永嗣、応援マネージャーを広瀬すずさんが務め、応援歌は大原櫻子さんが担当する。『サッカーキング』では大原さんに話をうかがい、大会そして新曲への想いについて聞いた。

 応援歌を担当することが決まった際には、「幅広い年齢層の方々に聞いてもらえる喜びと、それに対する緊張感がありました。でもワクワク、ドキドキしましたね」と振り返った大原さん。実際に試合を見に行ったり、出場校の激励会にサプライズ参加するなどしたが、「応援席の人たちも家族みたいな目で選手たちを見ているのに気づいて、『選手だけじゃないんだ』と感じて、すごく素敵だなって思いました。その場にいる皆さんがキラキラしていたことが印象的でした。」と、選手以外の情熱にも驚いたと話す。

 自身の高校生活は「水泳部と勉強漬けの毎日」で、「自分が部活の時に経験したことや感じた事を活かしました」と、大会応援歌である新曲『瞳』で初挑戦した作詞について触れ、「『負けても勝ってもこれが最後だけど、負けても勝ってもここがスタート』というのをすごく意識したので、歌詞からそれを感じてもらえたらと思っています。あとは『仲間がいるんだよ。一人じゃないよ。』という想いが届いてほしいです」と、特に強く込めた想いについて語ってくれた。

 1月には19歳になる大原さん。大会に出場する選手をはじめ、現役の高校生には「勉強なども大変だと思いますが、自分の好きなことに打ち込める時間もたくさんあると思います。実際に打ち込んでいる友達も周りにたくさんいると思うので、ぜひそういう友達と一緒に夢に向かって高校生活をエンジョイしてほしいと思います」とメッセージを送っている。

 高校選手権は30日に駒沢陸上競技場で行われる三鷹対東福岡の一戦で開幕。2015年1月12日には埼玉スタジアム2002で決勝が開催され、1月7日に発売となる大会応援歌の『瞳』も決勝戦当日に会場で大原さんが披露することとなっている。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る