FOLLOW US

【Football TimeLine】中島翔哉、カタールで何を思う…移籍後初の独占インタビューが実現

 2月26日放送の#21では、今年2月にカタールのアルドゥハイルに電撃移籍した中島翔哉への独占インタビューの模様が放送された。

 中島がアルドゥハイルへの移籍後、単独インタビューに応じるのはこれが初めてだという。まず、改めて移籍の理由を聞かれて、中島はこのように説明した。

「(移籍の理由は)すごくシンプルで、このチームなら、すごくサッカーを楽しんで、ポルティモネンセにいる時よりサッカーを楽しんでプレーできると思いましたし、サッカー選手としての自分にとっても、人間としての自分にとってもすごく大事なものを得られるというか。すごくいいチームに来られたと思いますし、今の自分にとっては一番いいチームに来ることができたと思っています」

 とは言え、ポルトガルからカタールへの移籍は一般的には“都落ち”の印象が強く、また移籍金が日本人史上最高額の3500万ユーロ(約44億円)と言われていることもあって、様々な憶測が飛び交った。中島はすぐに移籍の理由について自身のブログで説明したが、今回のインタビューでもこのように強調した。

「まず一番に誤解されているな、と思ったのは、自分で決めてないと言われていたことで。間違いなくこの移籍は自分自身で決めたことですし、代理人でもなくて、ポルティモネンセでもないので、そこが一番やっぱり伝えたかったことです。サッカー選手としていい選手になるために、いいプレーをするために、自分に合っているクラブだと思いましたし、自分たち家族がすごく幸せに暮らせるというか、雰囲気もいいし、ご飯も美味しいですし、そういうのを自分の肌で感じて、ゆっくり暮らせる国だと思ったので。お金のためでもなければ、地位とか名誉を考えたのではなくて、100パーセント自分で選んだチームだということは伝えたかったですし、僕の代理人とかポルティモネンセの人も、逆にここに来たことにはある意味、驚いていましたね」

 多くの人を驚かせた中島の決断だが、実際にカタールに来て、自身の選択が間違っていなかったことを確信したという。

「カタールに来てみれば分かると思うんですけど、サッカーもそうですし、それ以外の日常生活でも、本当に素晴らしい国だと思います」

 移籍後、中島は国内リーグ第16節のアルサイリヤ戦でデビューを飾り、決勝点の起点となるなど、早くも活躍を見せている。実際にプレーして、カタールリーグのレベルはどのように感じたのだろうか。

「カタールのサッカーはあまり見られることはないと思うので、どういうレベルかっていうのは日本の人には伝わっていないですけど、それは自分でしっかりと分かっていればいいことなので。自信を持ってこのクラブに来ましたし、成長できると、実際に1試合やってそれはすごく感じたので、今はもうホントに、来て良かったな、としか思っていないです」

 欧州の主要リーグに比べて観客が少ないこともカタールリーグの特徴の一つだが、これについてはどう思っているのだろうか。

「お客さんは全然入らないですけど、別にそこまで観客数とかを気にしているわけではないですし、その少なさの中でも、これだけいいグラウンドとスタジアムで試合ができることが逆にすごいなと感じましたね」

 AFC(アジアサッカー連盟)が発表しているクラブ・コンペティションズ・ランキングでは、カタールリーグは1位となっている(2位以下は中国、韓国、UAE、日本、イラン、サウジアラビア、タイ、オーストラリア、イラクと続く)。

 中島はこれについては知らなかったようで、「あ、そうなんですか?」という反応を見せたが、「でもそれはカタール代表のサッカーを見ていれば納得できますね」と続けた。今年1月から2月にかけて行われたアジアカップでカタールは初優勝を飾っているが、中島もカタールサッカーのレベルの高さは感じていたようだ。

 そして実際に試合でプレーをして、中島はカタールでの自身の成長を確信したようだ。

「レベルは人それぞれ感じることがあると思うんですけど、自分の中ではすごく、自分の中で足りないものを得られると思いましたし、もちろんすごく楽しく試合ができましたし、それだけで十分でしたね」

 最後に、中島は1月の対談番組で熱いドリブル議論を交わした“元祖ドリブラー”、番組コメンテーターの前園真聖氏にこのようなメッセージを送った。

「前園さん……入浴剤ありがとうございました(笑)。家で使わせてもらいました。すごくいいチームに来られたので、ぜひまたこっちに来ていただいて、お話しできればなと思います。これからも応援よろしくお願いします」

 毎週火曜日21時から生放送されている『日本人を応援せよ!!Football TimeLine』。次回は2019年3月5日(火)21時スタートの予定。今回に引き続き、中島翔哉やアルドゥハイルを取材した様子もお届けする予定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA