2018.11.15

ダービーはマンCに軍配も…マラドーナ氏「モウリーニョが最高」

マンチェスターの両監督
ジョゼ・モウリーニョ監督(左)とジョゼップ・グアルディオラ監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、マンチェスターの2つのチームを率いる監督について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に伝えている。


 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督と、マンチェスター・Cを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督(愛称:ペップ)は、それぞれキャリアで通算20個以上のタイトルを獲得してきた。

 ただ、近年ではマンチェスター・Cがプレミアリーグ王者に輝き、今月の“マンチェスター・ダービー”では3-1で勝利を収めているため、グアルディオラ監督の活躍がモウリーニョ監督の活躍より目立つことが多い。

 しかし、マラドーナ氏はモウリーニョ監督の手腕に「疑う余地なし」と主張すると、次のように話した。

「私にとってはモウ(モウリーニョ監督)が最高だ。ペップはヨハン・クライフの発明した采配方法を利用しているだけかもしれない」

「私はティキタカ(華麗で正確なパスで高いボール保持率を誇るパスワークに特化した采配方法)がペップによって発明されたとは思えない。あれはクライフのものだ」

「クラブの資金面もあって、ペップは自分が望む世界の選手を選ぶことができる(だれでも獲得することができる)。そういう(お金があればできるという)意味で、ティキタカは簡単だ」

 なお、プレミアリーグ12試合を終え、グアルディオラ監督率いるマンチェスター・Cは、モウリーニョ監督率いるマンチェスター・Uに12ポイント差をつけている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング