2017.02.14

週給約7000万円のラベッシ、中国移籍後1年ノーゴール「サッカー界最大の支出」

ラベッシ
河北華夏でプレーするラベッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 河北華夏所属のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシが、中国移籍後ノーゴールであると13日付のイギリス紙『デイリーメール』が指摘している。

 昨年2月17日、パリ・サンジェルマンからコートジボワール代表FWジェルヴィーニョらが在籍する中国スーパーリーグの河北華夏へ移籍したラベッシ。週給は49万3000ポンド(約7000万円)であると報じられたほか、高級車や住宅を提供されるなど活躍に期待が寄せられていた。

 2016シーズンのリーグ開幕節から出場したラベッシ。5月22日のリーグ第10節まで連続してプレーを続けたが、3アシストを記録した一方で、ネットを揺らすことはなかった。すると、アルゼンチン代表の一員として出場したコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準決勝アメリカ戦で負傷。左腕を骨折し、手術を受けた。

 戦列に戻ったラベッシだったが、昨年8月に同クラブの指揮官へ就任したマヌエル・ペジェグリーニ氏は同選手を起用せず、シーズン後半戦のプレー機会は0に終わっている。ラベッシが最後にベンチ入りしたのは、11月11日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第11節ブラジル戦だが、ここでもプレーすることはなかった。

 同紙はラベッシ獲得に費やした河北華夏の多額の資金について、「サッカー界最大の支出」と表現。ラベッシ加入時に、河北華夏がSNS上で「ネクスト・マラドーナ」と同選手を描写していたことに関しては、「恥ずかしい大失敗」と切り捨てた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る