2016.03.24

リーグ強化へ、中国政府がイブラ“獲得”に乗り出す…年俸95億円用意か

イブラヒモヴィッチ
パリSG退団の意向を示しているイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの中国移籍を目指し、同国政府が巨額の資金を用意していることが明らかになった。イタリア紙『La Repubblica』が23日に報じている。

 同紙によると、パリ・サンジェルマンを今シーズン限りで退団する意向を示しているイブラヒモヴィッチについて、中国から巨額オファーが舞い込む模様だ。中国政府が同国スーパーリーグの“顔”となるスター選手の獲得を望み、年俸7500万ユーロ(約94億4000万円)を用意していると伝えられている。なお、今回のオファーによって移籍が実現した場合にイブラヒモヴィッチがプレーするクラブ名は報じられていない。

 イブラヒモヴィッチは今シーズン、リーグ・アン第31節終了時点で25試合出場27ゴールを記録。パリ・サンジェルマンは13日の第30節トロワ戦で9-0と圧勝した時点で、8試合を残しての史上最速でのリーグ制覇、4連覇を決めている。イブラヒモヴィッチは同試合後、「エッフェル塔を自分の銅像に建て替えることはできないだろう…。クラブの首脳陣でも不可能だろうと思う。でも、もしそれが実現したら、ここに残るよ。約束するよ」と、冗談を交じえつつ、退団の意向を明かしている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る