2016.03.22

マンC就任のグアルディオラ監督、トルコで復活のゴメス獲得に関心

マリオ・ゴメス
ベシクタシュでゴールラッシュを見せているマリオ・ゴメス [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現バイエルン指揮官で、今シーズン終了後にマンチェスター・Cの新指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ監督が、ベシクタシュのドイツ代表FWマリオ・ゴメスの獲得を検討している。トルコメディア『Meydangazetesi.com』が報じた。

 現在30歳のゴメスは、2013年夏にバイエルンからフィオレンティーナに移籍。しかし、セリエAでの2シーズンで通算7ゴールと結果を残せず、2015年夏にベシクタシュへレンタル移籍で放出された。移籍後は復調し、トルコでは26試合出場で19ゴールを記録。得点ランクの首位を快走している。

 報道によると、ゴメスにグアルディオラ監督も関心を高めている模様。今シーズン終了後に獲得へ動く可能性が報じられている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る