2016.03.05

メッシ、将来はMLSへ?…ベッカム氏が設立目指す新クラブの獲得候補に

メッシ
バルセロナでプレーするリオネル・メッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに、将来的なMLS(メジャーリーグサッカー)移籍の噂が浮上した。4日、イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 噂となっているのは、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏がマイアミに新設を目指しているクラブ。ベッカム氏は2017年までにMLSへ参入することを目指しており、昨年12月にはスタジアム建設の許可が降りるなど、着々と新クラブ設立に前進している。

 そして同紙によると、新クラブは長期的な目標のひとつとして、メッシの獲得を望んでいるという。現状はバルセロナにとって必要不可欠な選手であるが、キャリアの晩年に差し掛かった際に獲得を実現させるため、準備を進めているようだ。

 また、ベッカム氏が2013年にパリ・サンジェルマンでともにプレーしたスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの獲得も狙っていると伝えられている。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
30pt
バイエルン
27pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る