2016.02.29

途中出場の南野が2016年初ゴール…4カ月ぶりのリーグ戦8得点目

サッカー総合情報サイト

 オーストリア・ブンデスリーガ第24節が28日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルグとオーストリア・ウィーンが対戦した。

 現在リーグ戦首位に立つザルツブルグ。今節は3位のオーストリア・ウィーンをホームに迎えて、上位対決を制して2連勝を目指す。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。

 試合は12分にザルツブルグが先制に成功する。エリア外中央でボールを受けたヴァロン・ベリシャがスルーパス。エリア内左に走り込んだナビ・ケイタが左足でゴール左に流し込んだ。

 反撃したいオーストリア・ウィーンは17分、左サイドで得たFKからのクロスをエリア内中央でルーカス・ロートプラーが競り合う。こぼれ球をオラレンワジュ・ラリー・カヨデが頭で押し込み、すぐさま同点に追いつく。

 33分、再びザルツブルグが1点のリードを奪う。ヴァレンティーノ・ラザロが右サイドでドリブルを開始すると相手DFを2人置き去りにし、右足でグラウンダーのクロス。エリア内中央にこぼれたクリアボールに反応したケイタが直接右足を振りぬくと、ボールは相手DFに当ってゴールネットを揺らした。

 さらにザルツブルグは35分、左サイドに抜けだしたディミトリ・オベルリンが右足でエリア内中央のジョナサン・ソリアーノにパス。ソリアーノはトラップで相手DFをかわして右足でシュートを放つと、GKに触られながらゴール左に吸い込まれた。前半はザルツブルグが2点リードで折り返す。

 後半に入ると両チームが交代カードを切る。ザルツブルグは53分にヤシン・ペフリヴァン、63分に南野、69分にファン・ヒチャンを投入する。対するオーストリア・ウィーンは69分にケヴィン・フリーゼンビヒラー、マルコ・マイリンガーをピッチに送り込んだ。

 すると、交代直後の南野が早速結果を残す。70分、エリア内右でボールを受けた南野が右足でシュートを打つと、ボールはGKの股の下を通ってゴールに突き刺さった。これが昨年10月以来のゴールで、今シーズンのリーグ戦8得点目となった。

 このまま試合は終了し、ザルツブルグが4-1で快勝。リーグ戦2連勝で首位をキープしている。

 次節、ザルツブルグは3月2日に敵地でシュトゥルムと、オーストリア・ウィーンは同日に敵地でアドミラと対戦する。

【スコア】
ザルツブルグ 4-1 オーストリア・ウィーン

【得点者】
1-0 12分 ナビ・ケイタ(ザルツブルグ)
1-1 17分 オラレンワジュ・ラリー・カヨデ(オーストリア・ウィーン)
2-1 33分 ナビ・ケイタ(ザルツブルグ)
3-1 35分 ジョナサン・ソリアーノ(ザルツブルグ)
4-1 70分 南野拓実(ザルツブルグ)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る