2016.01.26

ブラジル代表MFラミレス、ミランFW獲得失敗の中国・江蘇蘇寧に移籍か

ラミレス
中国移籍が報じられたチェルシーMFラミレス [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するブラジル代表MFラミレスは、中国スーパーリーグ(1部)・江蘇蘇寧への移籍が迫っていると、イギリスメディア『BBC』が25日に報じた。

 現在28歳のラミレスは、2010年にポルトガルのベンフィカからチェルシーに移籍。プレミアリーグ、リーグカップ、FAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグでそれぞれ1回ずつ優勝を経験した。今シーズンは、2015年10月に契約を4年延長したばかりだが、ここまでリーグ戦12試合の出場(2ゴール)のみで、先発はわずか7試合にとどまっている。

 現役時代にチェルシーでプレーしたダン・ペトレスク監督が率いる江蘇蘇寧は、ラミレスの獲得に2500万ポンド(約42億円)を用意しているという。だが、同クラブは先日、ミランに所属するブラジル代表FWルイス・アドリアーノの獲得が正式決定直前で破談。同選手は「給与が保証されていなかった」と説明していた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る