2016.01.20

北朝鮮、未勝利でB組2位突破…勝ち点で3チーム並ぶも総得点で決勝Tへ

サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016のグループステージ第3戦が19日に行われ、U-23朝鮮民主主義人民共和国代表(北朝鮮)とU-23タイ代表が対戦した。

 リオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねている同大会は、16チームが4つのグループに振り分けられ、1回戦総当りの試合を行う。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位3チームにリオ大会の出場権が与えられる。

 北朝鮮とタイは、ともにU-23日本代表に敗れ、U-23サウジアラビア代表とは引き分け。ここまで1分け1敗の勝ち点「1」で並んでいる。両チームとも今試合で勝利すれば、決勝トーナメント進出が濃厚となるため、グループステージ最後の一戦で勝ち点「3」を狙う。

 試合は開始17分、北朝鮮が先制に成功する。右サイドのクロスから、ニアサイドに走り込んだキム・ヨンイルが頭ですらすと、シュートは枠の右上隅に吸い込まれた。だがタイも30分、ペナルティエリア内左に侵入したペラパット・ノッチャイヤの鋭い折り返しを、ゴール前に飛び出したナルバディン・ウィラワットノドムが右足で押し込み、同点とした。

 このまま前半終了かと思われた45分、北朝鮮は右サイドで得たFKの流れから、最後はエリア内右のユン・イルグァンが右足シュートを叩き込み、勝ち越しのゴールネットを揺らした。再びリードを許したタイは、試合終盤に同点ゴールを奪う。78分、右サイドのパス交換から、チャナティプがエリア手前右で左足を振り抜くと、ブレ球のシュートは相手GKの手を弾いて、ゴールに突き刺さった。

 試合はこのまま2-2の引き分けで終了。北朝鮮とタイは勝ち点1を分け合い、未勝利でグループステージを終えた。

 同じ時刻に試合を行っていたサウジアラビアは日本に1-2で敗戦。この結果、サウジアラビア、北朝鮮、タイが2分け1敗の勝ち点「2」で並んだ。グループB2位は、勝ち点で並んだ3チーム間の対戦成績で決まるが、全て引き分けだったため、直接対決の勝点と得失点差では決着がつかず、他2チームから計5点を挙げた北朝鮮が、サウジアラビア(4点)とタイ(3点)を総得点で上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
U-23朝鮮民主主義人民共和国代表 2-2 U-23タイ代表

【得点者】
1-0 17分 キム・ヨンイル(北朝鮮)
1-1 30分 ナルバディン・ウィラワットノドム(タイ)
2-1 45分 ユン・イルグァン(北朝鮮)
2-2 78分 チャナティプ(タイ)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る