2015.12.13

伝説のGKセニが現役引退を正式発表…通算131得点のギネス記録

ロジェリオ・セニ
引退試合に参加したGKロジェリオ・セニ(中央) [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 サンパウロの“レジェンド”がついにユニフォームを脱ぐ。42歳の元ブラジル代表GKロジェリオ・セニは12日、自身の現役引退を正式に発表した。

 セニは1973年生まれの42歳。パラナー州はパト・ブランコの出身で、ユース時代はマット・グロッソ州のシノッピで3年間過ごした末に1990年にサンパウロのユースへ移籍した。トップチームへの昇格は1992年で、セニは四半世紀に渡ってサンパウロでキャリアを全う。1997年からレギュラーの座を獲得してサンパウロのゴールマウスを守り続けてきた。

 23年間サンパウロ一筋の選手生活を送り、1237試合に出場。2005年にはコパ・リベルタドーレス王者としてFIFAクラブ・ワールドカップ出場のため来日もしている。ゴールキーパーながらフリーキックの精度が非常に高く、通算で131ゴールをマーク。この記録はギネスワールドレコーズにも認定されている偉業である。さらに2002年には(控えではあったが)ブラジル代表GKとして来日し、日本でワールドカップ優勝も経験している。

 サンパウロの本拠地モルンビーで行われる予定のセニ引退試合については、約5万枚のチケットがすでに完売。そんなセニの功績について、元サンパウロ監督のムリシ・ハマーリョ氏は次のように評価している。

「セニは真のプロフェッショナルであり、サンパウロに多くのものをもたらした偉大な功労者だ。引退試合のチケットが完売したのも、彼の功績を顧みれば当然のこと」

 キーパーとしてのゴール世界記録は2006年まで元パラグアイ代表GKホセ・ルイス・チラベルト氏が保持していたが、その記録をセニはあっさりと塗り替えた。セニは自身の引退を今年のブラジレイロン最終節を迎える前に表明していたが、ひざの怪我のため最終節には出場できずに引退を迎えた。

 セニは自身の引退を受けて周囲に対する感謝の意を示した。

「私はサンパウロに関わり、私を支えてくれたすべての皆様に深く感謝している。国内外を問わず、サンパウロを応援してくれた全員にも感謝したい。25年間も居続けられたサンパウロは“私の故郷”であり、この素晴らしいクラブチームで選手生活を全うできたことを誇りに思っている」

 現地では“神話”とまで表されているセニの現役生活。長らく続いたサンパウロの“神話”は、今年で終焉する。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る