2015.11.30

なでしこがアジア年間最優秀チームに…女子MVPは候補者欠席で未発表

なでしこジャパン
最優秀代表チーム賞を受賞したなでしこジャパン [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC(アジアサッカー連盟)は29日、アジア最優秀選手などを表彰する授賞式「AFCアワード2015」を開催した。

 女子の年間最優秀代表チームは、6月から7月にかけて開催されたワールドカップを準優勝したなでしこジャパンが受賞。8月のAFC U-19女子選手権中国2015を制覇したU-19日本女子代表(ヤングなでしこ)からは、FW小林里歌子が女子最優秀ユース選手賞に選ばれ、同チームを率いた高倉麻子監督は最優秀女性監督賞を獲得した。

 また、日本サッカー協会(JFA)は、フェアプレー賞、草の根サッカー賞、インスパイアリングサッカー協会賞、ドリーム・アジア賞に選出されている。

 最優秀外国人選手には、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇した広州恒大のブラジル人FWリカルド・グラルが輝いた。夏の移籍市場でレヴァークーゼンからトッテナムに活躍の場を移した韓国代表FWソン・フンミンは、国際最優秀選手賞を受賞している。

 年間最優秀選手賞では、ACLを準優勝したアル・アハリに所属するUAE代表FWアハメド・ハリルが、UAE代表MFオマル・アブドゥッラフマーン(アル・アイン)と中国代表MFジェン・ジー(広州恒大)を制した。一方、MF宮間あや(岡山湯郷Belle)やMF宇津木瑠美(モンペリエ)らがノミネートされている女子の年間最優秀選手は、候補者が授賞式に出席できないとして、後日表彰されると発表された。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る