EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.11.28

アルビレックス新潟シンガポールがカップ2冠達成で2015シーズンに幕

IMG_6511
アルビレックス新潟シンガポールがホーム・ユナイテッドを逆転で下し、カップ戦2冠を果たした

 2015シンガポールカップ決勝が27日に開催。2011年以来、4年ぶりにシンガポールカップ決勝進出を果たしたアルビレックス新潟シンガポールは、同大会初優勝を目指す。一方のホーム・ユナイテッドは同大会9回目の決勝進出で過去6回の優勝を経験している。

 アルビレックス新潟シンガポールの最初のシュートは5分、MF木暮郁哉がやや距離のある位置から右足でミドルシュートを狙うが相手GKの正面。14分には、左サイドDF山田樹のクロスがファーサイドのFW河田篤秀へ。胸でワントラップした落ち際をボレーで叩くが枠を越える。

 25分に試合が動く。稲葉旬が中盤で相手選手と衝突、小競り合いから相手選手が報復行為を行いレッドカード。ホーム・ユナイテッドは早くも退場者を出し、アルビレックス新潟シンガポールが数的優位に立つ。すると 29分にビッグチャンスを迎える。FW河田篤秀が右サイドから持ち込むと、DF熊田瑠偉がエリア内でうまくポストプレー、走りこんだDF山田幹也に落とす。DF山田幹也が左に送ると、エリア内で受けたMF向井勇祐がフリーで右足シュート。決まったかに思われたが、シュートをふかしてしまう。

 一方のホーム・ユナイテッドは36分、ペナルティエリア右からファーサイドに巻いたシュートを放つがこれはクロスバーに弾かれる。試合はそのままスコアレスで前半を終えた。

 後半に入ってもアルビレックス新潟シンガポールは10人となったホーム・ユナイテッドを崩すことができない。59分、左サイドDF山田樹の抜群のクロスをFW河田篤秀がヘディングで合わせるがGK正面。64分には右サイドからFW河田篤秀がドリブルを仕掛けエリア手前でファールを受けFKを獲得。これをDF山田樹が直接狙いGKに弾かれたところをDF藤原賢土がつめるがシュートは枠を外れてしまう。

 すると72分、ホーム・ユナイテッドは右サイドを突破すると深い位置から速いクロス。これを中央で合わせて先制。数的不利のホーム・ユナイテッドが貴重なゴールを奪う。手痛い先制点を喫したアルビレックス新潟シンガポールは74分、DF熊田瑠偉に代えてFW多木理音を送り込む。

 78分、準決勝第2戦に続きFW多木理音がまた交代直後にゴールを挙げる。左CKから、MF木暮郁哉が蹴ったボールはファーサイドへ、そこに待ち構えたFW多木理音が打点の高いヘディングで叩き込み同点。さらに79分、アルビレックス新潟シンガポールはMF向井勇佑に代えてMF長崎健人を投入、一気に追加点を狙う。

 すると87分アルビレックス新潟シンガポールが逆転に成功する。左サイドDF山田樹から相手ディフェンスの裏にボールが送られると、走りこんだFW多木理音がワンタッチでクロス、これを走りこんだMF長崎健人がスライディングで押し込みゴール。交代で入った2人のゴールでアルビレックス新潟シンガポールがわずか9分間で逆転。その後はホーム・ユナイテッドが怒涛の反撃に出るがアルビレックス新潟シンガポールが守り抜き試合終了。アルビレックス新潟シンガポールは7月のリーグカップ優勝に続き、シンガポールカップ初制覇。シンガポールサッカー史上初のリーグカップとシンガポールカップのカップ戦2冠を達成し2015シーズンを締めくくった。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 2-1 ホーム・ユナイテッド

【得点者】
0-1 72分 アブディル・カイイム(ホーム・ユナイテッド)
1-1 78分 多木理音(アルビレックス新潟シンガポール)
2-1 87分 長崎健人(アルビレックス新潟シンガポール)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る