2015.11.08

33歳カカ、MLSの休暇期間中に欧州復帰か…バルサが獲得に関心

カカ
オーランド・シティに所属するカカ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティに所属するブラジル代表MFカカがバルセロナに加入する可能性が浮上した。7日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』など複数メディアが報じている。

 カカがプレーするオーランド・シティはMLSのプレーオフ進出を逃し、すでに今シーズンの日程が終了。来シーズンが開幕する3月まで、長期休暇となる。しかし同紙によると、ブラジル代表に選出されているカカは高いレベルでコンディションを維持したいと考えているようだ。

 そこで、前線の選手に負傷者が相次いでいるバルセロナが関心を示している模様。同クラブのアリエド・ブライダSD(スポーツ・ディレクター)は、かつてミランのSDを務めており、2003年にサンパウロでプレーしていたカカの獲得を実現させた。同SDの存在が取引を容易にすると伝えられている。

 現在33歳のカカは2003年にミランへ加入すると、すぐに主力として活躍。リーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、2008年にはバロンドールやFIFA年間最優秀選手賞に輝いた。その後、2009年にレアル・マドリードへ移籍したが、負傷に悩まされるなど思うような活躍ができす、2013年にミランへ復帰。同クラブで1年を過ごし、サンパウロへのレンタルを経て2015シーズンからオーランド・シティでプレーしている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る