2015.10.24

元FIFA副事務総長のシャンパーニュ氏が会長選出馬へ「信頼を取り戻す」

シャンパーニュ
FIFA会長選に立候補したシャンパーニュ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランス人で元外交官のジェローム・シャンパーニュ氏がFIFA(国際サッカー連盟)の会長選挙に出馬する意思を公式に表明した。イギリス紙『ガーディアン』が23日付で報じている。

 現在56歳のシャンパーニュ氏は1999年にFIFAの国際関係部門理事となった後、2002年から2005年まではFIFAの副事務総長を務めている。同氏は5月29日に行われた次期会長選に出馬しようとしたものの、立候補の要件であるFIFAに加盟している5つの協会からの推薦という条件を達成することができず、立候補の届け出が認められていなかった。このときシャンパーニュ氏を推薦した協会は3つにとどまっていた。

 しかし、5月の会長選で5度目の当選を果たしたゼップ・ブラッター現会長が当選した数日後に辞任を表明し、来年の2月26日に再び会長選が行われることになっている。ブラッター会長やUEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長が不正な金銭授受の疑いで90日間の活動停止処分を受けるなか、シャンパーニュ氏はFIFAの改革のために再び立候補することに決めたようだ。

「危機に陥っているFIFAの統治や再分配の制度を見直さないとならない。それが現在最も優先すべきことだ。FIFAの信頼を取り戻し、発展し続ける世界情勢に備えなければならない」という同氏の文言が書かれた書簡が、FIFA加盟209カ国の各協会に送られている。

 FIFA会長選には、プラティニ会長、ヨルダンのアリ・ビン・アル・フセイン王子、元トリニダード・トバゴ代表のデイヴィッド・ナヒッド氏、AFC(アジアサッカー連盟)会長のサルマン・ アール・ハリーファ氏がすでに立候補を表明している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る