2015.08.16

C・ロナウドとルーニーが再びコンビ形成か…LAFCが獲得を画策

ルーニー
マンUでともにプレーしていたC・ロナウドとルーニー [写真]=Getty Images

 2018年よりMLS(メジャーリーグ・サッカー)に参入するロサンゼルス・フットボールクラブ(LAFC)が、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとマンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの獲得を画策しているようだ。15日、アメリカメディア『FanSided』が伝えている。

 MLSでは現在、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード、同フランク・ランパード、ブラジル代表MFカカ、イタリア代表MFアンドレア・ピルロといった選手がプレーしており、急速に人気を高めている。

 同メディアによると、LAFCはC・ロナウドとルーニーを獲得するための豊富な資金を備えているという。そして、2018年のロシア・ワールドカップ終了後であれば選手がMLSへの移籍を決断する可能性があると考えているようだ。

 また、今夏のプレシーズンツアーでアメリカを訪れたルーニーはアメリカ紙『シアトル・タイムズ』の取材でMLSついて問われ、「考えはある。その時が来たら妻や子どもと話し合って決断するよ」と、将来的な移籍を示唆する発言をしたと伝えられている。

 C・ロナウドとルーニーは2004年から2009年までマンチェスター・Uでともにプレー。プレミアリーグを3度制するなど数々のタイトルを獲得し、2008年にはチャンピオンズリーグ優勝を果たしていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング